• 231月

    近所のカメラ店で「gorillapod MICRO250」という小さな三脚を見かけました。

    ゴリラポッドというと、クリクリ曲がる自在定規みたいなのが有名ですけど、これはそれに比べれば普通のミニ三脚です。
    ただ、そうは言ってもちょっと一工夫があって、1本の棒状に折りたためる構造になってるところです。
    説明だけだと分かりづらいので、商品紹介の動画を貼ってみます。

    クルクル回すだけで足が広がるあたりがよく考えられていますね。
    雲台というほどでもないですが、アルミボールでカメラの向きも調整できますし。
    ただ、薄型化のためか、ネジ止めがコイン式なのはやや不便な気もしますが、常用するなら取り付けたままにしておいても良いでしょう。

    ちなみにMICRO250は重さ250gまでのカメラに対応していて、MICRO800のほうは800gまでです。
    MICRO800ならミラーレスでも大丈夫そうですし、こっちが本命かな。
    なお、MICRO250の本体重量が26g、MICRO800のほうは65gですし、MICRO250のほうはカラバリもあるので、用途によって選ぶと良いかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2012/01/23 8:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    マンフロットのポケットを買っておこうとは思うんだけど
    なかなか必要に迫られないので未だに買ってないですねぇ

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    今はSLIKの小さいやつをカメラバッグに入れてますが、このMICRO250のほうなら通勤カバンでもOKなくらいだと思います。
    ただ、出番は年に数回程度ですけどね。