• 259月

    だいぶ前から噂になっていたPanasonicのデジタル一眼レフ
    第2弾「DMC-L10」がようやく正式発表になったようで。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/09/25/7086.html

    ただ、今回もL1と時と同様、レンズキットが10/26に先行発売で
    ボディ単体は11/22です。

    レンズキットが15万円前後というのは、まぁまぁかもしれませんが、
    レンズ単体だと99750円ってのは高すぎでしょ。
    F3.8からと、決して明るいとはいえないズームですからねぇ。

    ちなみに、ボディ単体は10万円前後だそうですから、計算が
    合いませんよねぇ。

    この性能の標準ズームを買うくらいなら、単焦点のズミルックスの
    25mmを買ったほうが幸せな気がしますね。


    【送料無料】Panasonic デジタル一眼レフ カメラ用交換レンズ
    L-X025

    また、ライブビューではコントラストAFにも対応するそうですが、
    これには対応のレンズが必要とのこと。

    なんでも、“ピントのピークを一旦通り過ぎて戻る”動作が必要
    だとかで、これが、これまでのレンズでは”物理的に対応できない”
    んだそうです。

    でも、それってほんとなんでしょうか?
    フォーサーズって、位相差検出した結像面だけにしか焦点位置を
    移動できない、なんて制限があるんですかねぇ。

    出来ないというよりも、スピード面で対応したレンズである必要が
    ある、というだけではないかなぁと。
    まぁ、そうだとしても、コントラスト検出では精度もスピードもあまり
    期待できない気がしますけれど。

    ただ、ライブビュー時は顔認識AFができるそうで、そこだけは利点
    かもしれません。

    いずれにしても、まだまだ完成度の面ではイマイチの感が
    ありますね。
    もうちょっとPanasonicらしさを作っていかないと、他メーカーの
    シェアの切り崩しは難しいのではないかと。

    Filed under: Photo
    2007/09/25 10:13 pm | DMC-L10 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.