• 2211月

    サンニッパといえば、カメラ好きの方ならすぐ分かるかと思いますが、
    「300mm F2.8」のことで、明るい望遠レンズを指します。

    望遠で撮ることが少ない人でも憧れるレンズですが、お値段も
    通常は尋常でないんですよね。

    そんな中、安いのを探したら、どのくらいまであるんだろう?と思い、
    調べてみました。

    すると、Tokinaのニコンマウントなら、中古ですが10万円を切るんですね。


    《中古美品》Tokina MF 300mm F2.8 SD (ATX300 Nikon-Ai)

    そして、もうひとつの手段はフォーサーズという手段です。
    これなら、150mm F2.8で、実質サンニッパ相当になりますからね。
    これだと新品でも7万円を切ります。


    シグマ APO MACRO150mmF2.8 EX DG HSM フォーサーズマウント

    さらに安く済ますなら、マイクロフォーサーズを使います。
    これにFDレンズのマウントアダプタを使えば、5万円もせずに
    実現可能ですね。


    《中古並品》Canon FD 200mm F2.8 S.S.C.

    それでも私にはまだまだ遠い世界ではありますが、一本くらいは
    こうした望遠レンズも欲しい気がします。

    Filed under: Photo
    2008/11/22 8:24 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    撮り鉄の頃は望遠も使いましたけど、最近は
    街角スナップ専門なので使う機会が減りました

    最近はボディ内手ぶれ補正があるので
    手持ちで取れるから便利ですよね

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    私は以前35-350mmを使ってましたが、F5.6と暗かったので、
    サンニッパは憧れでした。

    上の組み合わせだと、フォーサーズ純正以外は
    本体内手ぶれ補正が活かせませんね。

    そういう意味では、E-3あたりが一番望遠向きな
    ベースボディかもしれません。