• 158月

    先日、本屋さんに行ったら、銀塩カメラが置いてあって、その中に
    なんと新製品のハーフカメラ、その名も「ゴールデン ハーフ」というのを
    見つけました。


    ハーフサイズカメラ ゴールデンハーフ

    いわゆるトイカメラの雰囲気ですが、売り文句は「枚数が2倍撮れます」
    でした。(笑)
    でも、まだフィルム代はそんなに高くないんで、むしろプリント代の
    ほうが問題かとは思うんですけどね。(笑)

    面白いなぁとは思いますが、どうしてもホルガとか、その系統の
    カメラには触手が伸びません。
    欲しいとすると、SMENA 8Mくらいでしょうか。


    LOMO Smena (ロモ スメナ) 8M

    ハーフカメラですと、PENシリーズなら、ゴールデンハーフの販売価格
    くらいで、なんとか手に入るんではないかと。
    個人的には、もう少し頑張って、Dシリーズあたりをゲットするのを
    オススメしますけれど。

    あと、手軽に撮るなら、KONICA EYEシリーズがオススメです。
    見つけさえすれば、お値段は比較的控えめですし、オート露出で
    レンズもヘキサノンの味わいを楽しめますからね。

    それにしても、本屋さんでフィルムカメラや110フィルム、さらには
    Kodakのウルトラカラー 400UCを売ってるのは、ほんとびっくりでした。

    Filed under: Photo
    2007/08/15 9:11 pm | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    ハーフ(も)大好き人間としては
    何気に気になる存在なものの、
    現物見ると一気に萎えるアレですね(笑)

    私も本屋さんで一瞬だけ悩んだものの
    同じ値段出すならもっと真っ当なのが手に入りますし^_^;

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。
    長旅、お疲れさまでした。

    カメラは写り具合も大切な要素ですし、
    それに加えて、「持つ喜び」があるかどうかも
    ポイントですよね。

    私も、あれを買うなら、ジャンクを数台ゲットして
    いじるほうが楽しいです。(笑)

  • warabie Says:

    お早うございます、御邪魔致します。

    現物を見ると萎えてしまいますか~。
    ちょっと残念。
    ポジション的にトイカメラだから仕方がないでしょう。
    往年のフジペットみたいなものかな。
    子供は自分でジャンク直せませんからね/笑。
    (そして不器用が服を着ているような自分も/滝汗…。)

  • MacBS Says:

    warabieさん、コメントありがとうございます。

    110カメラのシリーズのような質感で、
    光線漏れとかしそうですし、レンズもきっとプラスティック
    なのではないかと。

    ただ、フジペットも買おうとすると、結構高価ですよね。
    ブローニー使うなら、高画質に撮りたいと思う私には
    トイカメラは似合わないのでしょうね。

    私も機械いじりは苦手なんですよ。
    小さい頃は時計などを壊してばかりいました。
    好きなだけで、うまいわけでは全くありませんです。(^^;

    個人的には、一眼レフのほうがいじりやすい気がします。
    レンズシャッター機は機種ごとに構造が違うので、
    理解するのに、とても苦労します。

  • kuro Says:

    ハーフカメラの情報集め中に辿り着きました。
    本格カメラ派さんには苦手な系統なのかもしれないですね~。私はユルイ写りとチープな可愛らしさに惹かれ、トイカメラに魅力を感じています。
    記念写真などでないなら、「キッチリまともに」写っても特に楽しくないと思ってしまうタイプもいるということで。本当に好みは人それぞれですよね(^^)

  • MacBS Says:

    kuroさん、コメントありがとうございます。

    ハーフカメラ、過去に数々の名機がありますので
    ぜひそちらにも興味を持っていただけたらうれしいです。

    ユルイ感じも受け取りかたは、それぞれでしょうね。
    ただ、この機種、トイカメラにしては結構なお値段です。
    先日ゲットしたPEN EEシリーズのほうが個人的には
    オススメです。