• 164月

    先日はM42マウントのレンズをむりやりD70にくっつけて撮影して
    みましたが、今度はCanon FT QLに付いていたFL 50mm 1:1.8を
    むりやり付けての撮影を試してみました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 47 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 800 / 0.0
    露出補正値 0.0
    全 Exif 情報表示…


    同様のアングルで、シグマのマクロレンズと比べてみましょう。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 57 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 800 / 0.3
    露出時間/絞り 1/15 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    絞り1.7と2.8では、こんなにも被写界深度が違うんですね。
    今回はあまり黄色みはなく、微妙に緑かぶりみたいな発色です。

    被写体がカメラばかりではわかりづらいので、窓辺のスヌーピーを
    撮ってみました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 41 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.3
    露出補正値 0.3
    全 Exif 情報表示…


    同様に比較用にシグマです。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 43 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.3
    露出時間/絞り 1/40 秒 / F 8.0
    露出補正値 0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    こちらはともにF8まで絞り込んで撮ってみました。
    なんだか、Canonのほうはコントラストが低いですねぇ。
    レンズの装着がちゃんとしてないからなのか、それともシグマのコントラストが
    高いのでしょうか?

    あとはシチュエーション的に逆光になってるので、その影響もあるのかも
    しれません。
    さすがに最新のレンズはそういう環境には強いですね。

    この比較では、なんとなくCanonのレンズの微妙な古さだけが目立った気が
    します。
    かえってもう少しクラシックなレンズのほうが、味が出やすいのかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/04/16 1:45 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    コメントバック有り難うございました。

    Zorgではと言うか一般的に”ちょっと見の印象が強いもの”が、やはり人目を引く
    ように思います。自分の狙いに沿った表現を作り上げると言う点で、色々と試す
    事に対して異論はありません。

    それにしても”無理矢理付けて”の撮影、よくここまで写るもんだと感心しきり
    です。
    コントラストが低い点はMacBSさんのおっしゃる通りに、様々な要因が重なっ
    ているのでないかと思います。特にフィルム面(この場合は撮像素子面です
    ね)に対する光の入射角が僅かにずれる可能性もあるので、デジカメでは
    その影響がシビアに出るのかな等と推測しております。

    銀塩のコンパクトカメラは、各社ともに現行ラインナップが激減しましたね。
    需要はあっても商売になるレベルではないんでしょう。現実は厳しいと言うか
    寂しいです。あと5年もしたら、レンズ付きフィルムもなくなる運命かなと、
    思います。
    ESPIO 24EWはどうかと思ったら、ちょっと高いですね。接写出来るのは良い
    と思ったんですけど。
    GOKOカメラのマクロマックスなんかどうでしょうか? 通販専用モデルが
    存続しているようです(通販生活扱い)。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    あまり人目ばかり気にしても仕方がないのですが、
    フォトコンにも応募してますし、色々テクニックを
    知っておくのは良いことかなぁと、お勉強がてら
    色々試してみています。

    マウントアダプタなしで、こんな風に撮れるとは
    私も思ってみませんでした。
    いい加減もここまで来ると、感心されるものなんですね。(笑)

    光の入射角のずれというのはありえるかもしれませんね。
    CCDはマイクロレンズが付いていますから、
    影響を受けやすいのかもしれません。

    フィルム自体、すでに選択肢が乏しくなってきていますね。
    頑張って供給してくれるメーカーは応援=購入してあげなくては、と感じ始めました。

    コンパクトカメラ、確かに接写できると便利でしょうね。
    GOKOは私も少し考えましたが、やはり年配の方は
    ブランド意識もあるのかなぁと。
    ですから、そうした点を考えてフジが本命になったのでした。