• 193月

    SONYからUSB出力できるアナログレコードプレーヤー「PS-LX300USB」が
    4月に発売されるそうで。

    B0015ZH1M4 ステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB
    ソニー 2008-04-15

    by G-Tools

    海外では少し前に出ていたみたいですね。
    イコライザー内蔵のものは結構多いですが、USBで直接つなげるのは便利なのかも。
    内蔵音源の入力って、意外と品質が低いですしね。

    取り込んだ後の編集ソフトも「Sound Forge Audio Studio LE」が付属する
    ということで、PCではこれを買うだけで、アナログレコードをデジタル化できそうです。
    Mac対応でないのは、ちょっと残念ですけどねぇ。

    ちなみに、フォノイコライザはON/OFF切り替えできるそうなので、イコライザ内蔵の
    アンプにつないでの再生にも対応できますね。

    あと、ちょっと驚いたのが駆動方式がベルトドライブだという点です。
    ベルトドライブのほうが低価格の機種の場合、フラッターが少なくて良いかとは
    思いますが、長年使うと切れちゃった時に保守ができるのかが、ちょっと心配かも。

    まぁ、新製品ですから、製品の補修期限内は調達可能なので、それほど心配
    する必要もないでしょうけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2008/03/19 5:06 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    現在、LPを眠らせている方って、どの位いらっしゃるのでしょうね。一般論から言えば、単なるプレーヤーより、日本コロンビアの「音聴箱」の方が、スピーカーまで付いているので、使いやすい気がします。と言っても、こちらはWAVEファイル化するには、パソコンの録音端子に出力を入れる必要がありますが。

    ちなみに、私の場合は、アンプからの出力を、WAVE RECORDER「ローランド:R-09」でWAVEファイルとし、それをパソコンで編集して、最終的にmp3ファイルとしています。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    LPが自宅や実家に保存してある方は、かなりの比率ではないかと。
    音源としてデジタル化したいとまで考えるニーズは、ぐっと減って
    5%もいれば良いほうではないでしょうか。

    パソコンの入力の場合、かなりノイジーなものが多いです。
    最近は外付けのUSBオーディオやサウンドカードを使う方は
    少ないみたいですし。
    ノートパソコンなら、なおさらですね。

    本来なら、カートリッジから吟味していく必要があるでしょうが、
    USBで手軽につなげるっていうのは気楽で良いとは思います。

    手間を掛けてまではやりたくない方も、レコード再生環境を
    整えるついでに、ちょっとやってみるか、という気になるのかも
    しれませんし。