• 107月

    MicrosoftがタブレットPC「Surface Go」を海外発表したようで。

    日本はまだもうちょっと先の予約開始みたいですが、北米などでは7/10予約開始、8/2出荷開始だとか。
    最小構成だと399ドルというのは完全にiPadを意識した形でしょう。
    OSはSurface LaptopみたいなWindows 10 Sかと思いきや、しっかりWindows 10 Home/Proで展開されるようです。
    ただ、まだしっかりとした情報が出てきていないので、廉価なモデルはSモードになっている可能性はありそうですから、今後の情報に注意する必要はあるかもしれません。
    仮にSモードでもHomeに切り替えて使うことはできるんですけどね。

    さすがに399ドルのモデルはメモリが4GB、ストレージが64GBと多くはありませんが、それでもiPadよりは多めの設定ですし、549ドルならメモリも8GB、ストレージも128GBと普通のパソコンとして十分使えそうです。
    ストレージについては256GBのモデルも用意されるみたいですね。
    CPUもやや控えめのPentium Gold 4415Yですが、これでもCore i3よりは劣るでしょうけれども、ちょっと前の世代のSurface Proなら超えてくるかも…。

    Surface Proとの大きな違いとなるのはディスプレイの解像度でしょう。
    Surface Goは1800×1200pixelの10inchらしいので、Surface Proの12.3inch 2736x1824pixelと比較すればだいぶ普通のスペックです。
    ただその分だけGPUの負担も少ないですし、10インチならこのくらいでも十分かと。
    むしろ770g前後のSurface Proと比べて約521gと軽量なのはタブレットのニーズでは有利なくらいでしょう。
    USBもついにUSB-Cになりましたし、microSDではなくフルサイズのSDカードリーダーもあって使い勝手はかえって良さそうな部分も。
    Officeに関してもOffice 365が付いているようですが、ライセンス形態などはまだ詳しくは分かりません。

    Surface Pro同様、タイプカバーも用意され、こちらも99ドルからと安めの設定、ペンやマウスにも対応でこれはかなりヒットしそうです。
    逆に他のPCメーカーはますます苦境に追いやられてしまうような感もあるのですが、MicrosoftももうOSだけで食っていける状態ではないのかもしれないですねぇ。
    同様にiPadやAndroid端末も作戦変更を迫られるくらいのインパクトはありそうな気はします。

    Filed under: PC
    2018/07/10 3:00 pm | Microsoft Surface Go はコメントを受け付けていません。
  • 233月

    EOS D30を試した段階でこれまで使っていたELECOMのカードリーダー「MR-K008」にコンパクトフラッシュを挿してみたところ、全く認識してくれません。
    Nikon D300やSONY α700に挿してあったカードも試しますがどれもダメ。
    接点クリーニングしても一向に反応がないため、諦めてBUFFALOのカードリーダー「BSCR25TU3」を注文しました。

    そもそもそれまでのカードリーダーはUSB2.0でしたが、セルフパワーのUSBハブも2.0のものでしたからこれで良いかなぁと思っていました。
    ただ最近はMacBook Proなどで取り込むことも多く、そちらとの速度差も気になっていたところでした。
    こちらはUSB3.0対応ですから、これを機にセルフパワーのUSBハブも撤去し、iMacに直接繋げる形としました。

    SDカードの場合はちゃんと全体が挿さる形ですし、バネで取り出すデジカメのスロット方式なのも安心感があります。
    コンパクトフラッシュのほうもホコリ防止のカバーが付いています。
    取り込んでみたところ、12倍というのはちょっと大げさな気もしますが、ずいぶん速くなっています。
    速度は90MB/sを謳っているSDカードで試してみたところ、以下のような結果でした。

    コンパクトフラッシュもこれまでは最大でも8GBのしか持ってませんでしたし、こちらも32GBのを新調です。

    最近はコンパクトフラッシュを使ったカメラも少ないので高くなってるのかなぁと思っていましたが、それほどではありませんでした。
    もちろんSDカードに比べたらだいぶ割高ではありますけどね。
    Sandiskはニセモノも多そうなのでそこは相変わらず注意が必要ですが、これはファイル復元ソフトのシリアルナンバーも付属してましたし、たぶん大丈夫でしょう。

    新しいカードリーダーですとxDカードやMemory Stickは読めませんから、古いものも大切に保存しておく必要があります。
    たしかその前のスマートメディアが読めるものも保存してあるはずなのですけど、何処にしまったかなぁ。
    さすがにもうあまり出番はないと思いますが、カメラはまだ残ってますし、それはそれで探し出しておきたいところです。

    Filed under: PC
    2018/03/23 12:00 pm | BUFFALO BSCR25TU3 はコメントを受け付けていません。
  • 162月

    先日の「GS908L V2」が予想以上に効果大だったので、いつもの悪いクセで同じアライドテレシスのL2スイッチ「GS908XL V2」をさらに追加してみました。

    「GS908L V2」とそっくりな名前ですが、今回の「GS908XL V2」も同じ8ポートのギガビットイーサネット・スイッチではあります。
    大きな違いはフラッディングモードやリンクリレー、ポートのデュプレックス設定、LEDの消灯などと高機能になっている点です。

    また、LANポートが背面に移動しているので設置がスマートになるのもポイント高いですね。
    他にもパケットバッファが512KByte(GS908L V2は192KByte)と増えています。

    大きさはほぼ同じで、期待していたのはパケットバッファとLANポートの配置、それにLED消灯でした。
    今回は電源ケーブルも付属し、抜け止め金具も付いていてコレもなかなか便利です。

    機能はまだそれほど追い込んでおらず、ひとまずLEDを消灯した程度です。
    音はこちらのほうがおとなしく感じて、電源ケーブルを決めるまではGS908L V2に戻してみたりと色々試行錯誤しました。
    金具類はGS908L V2とも互換があるのでそちらに移行して、GS908XL V2はACOUSTIC REVIVE AC-2.0TripleCを割り当てたところ、コレがピッタリ来たようです。
    前回はアース非結線の電源ケーブルを使いましたが、RPC-1などで対処してあることもあってか、どうやら電源のアースをしっかり接続したほうが良好な印象です。

    またおとなしく感じたのはノイズが少ないためのようで、その点からもハブによる違いは思った以上に大きいみたいです。
    LEDオフは見た目としては静かで良いですが、音質には思ったほど影響はない気がして、むしろ電源ケーブルやWi-Fiルータからの距離、LANケーブルなどによる変化が大きい印象です。
    現状の実売価格を考えるとGS908L V2がかなり健闘している感はありますが、こちらはこちらでiMacとTime Capsuleを繋ぐのに使いたいという思惑もあり、それもバッチリです。

    最初は仮設置していて、その後Wi-Fiルータの隣に置いたのですが、そうすると音質もイマイチになりWi-Fiの負荷が増えた際に途切れやすくなったので、Wi-Fiルータの負荷もそうですが、そもそも発するノイズも多いのでしょうね。
    ひとまず、なるべく離して配置して現状は安定しています。

    iMacからNASへのアクセススピードは双方ハブを経由することもあり、ベンチマーク上の速度はやや低下しましたが、実際の使用感は安定したような印象があります。
    また、NASもハブもジャンボフレームに対応してるのでそちらも試しましたが、残念ながら現状では速度はむしろ低下してしまったので元に戻しました。
    基本的なネットワーク構成はこれで良いかなと思いますが、そこはまたいつものパターンでオーディオ的なアプローチはもうちょっと試していこうと思っています。

    Filed under: PC
    2018/02/16 12:00 pm | Allied Telesis GS908XL V2 はコメントを受け付けていません。
  • 132月

    Allied TelesisのL2スイッチ「GS908L V2」を物は試しと導入してみました。

    ネットワークオーディオを構築して、一旦はNASを含めて全ての機器をWi-Fiルータに接続していたのですが、スイッチングハブに集めたほうが良いというのを見かけてそんなに違うものかなぁと思いつつ、そもそも有線LANポートの空きもギリギリになっていましたからお試ししてみる価値はあるだろうと。
    オーディオ専用というものも出ていますが、軽く調べてみた感じだとアライドテレシスの評判が良さそうでしたから、その中から実売価格(といっても中古です)が圧倒的に安かったのがこの「GS908L V2」でした。

    選ぶポイントとしては以下を重視しました。

    ・1000BASE-T対応
    ・電源が内蔵であること(ACアダプタではない)
    ・ファンレス
    ・できればJumboフレーム対応

    最初のGigabit対応は当然として、電源内蔵とファンレスはほぼ必須かなと。
    オーディオの観点からもそうですが、ACアダプタが嵩張ったりファンが煩いのは困りますからね。
    そう言いながらNASはファン装備ですけど、そっちはHDDのデータ保護の観点からもファンレスなら良いとは一概に言えないと思いますので。

    やや残念なポイントとしてはLANポートが前面にあるところと、LEDの消灯ができないところでしょうか。
    LEDの点灯はややうるさいですが、リンクスピードなどは一目瞭然なので意外と便利な部分もあります。
    なお、パケットバッファも192KBとそう多いほうではありません。

    接続するのはNANO-NP1とNASのみで、あとは上流としてルータにつなぐだけです。
    電源ケーブルも付属しなかったので、ACOUSTIC REVIVEの切り売り電源ケーブルで自作したものを割り当てました。
    肝心のネットワークオーディオの音ですが、これは明らかに変わります。
    静寂性が高まるし、騒々しい鳴り方から上品で情報量が多いものになって、ラジオ的な雰囲気が消沈しました。
    ピアニシモの表情がとても豊かになり、繊細さが出てきてくれたのは少々驚きました。
    そもそも、曲の途中で他のアクセスや電源系統のノイズによると思われる音切れが起こりづらくなり、安定したというだけでも導入の価値は十分あると思います。

    ついでにLANケーブルもそれぞれに付属のものからカテゴリー6に変更しておきました。
    こちらの効果も大きいかもしれませんが、NASの動作が明らかに機敏になりました。
    ルータに直接つないでいるiMacからのディスクスピードテストではReadが70〜80MB/s程度まで向上(以前は30〜40MB/s程度)し、Writeも30〜40MB/s程度出ています。

    こうなるともうちょっと手を入れてみたくなるのがいつもの悪いクセでして…。
    その辺りはすでに各所でつぶやいたりしていますが、後日改めてご紹介しようと思います。
    ただ、ネットワークオーディオに限らず、ルータの負荷軽減という点でもスイッチングハブの導入は意外と効果的だなと感じた次第です。

    Filed under: PC
    2018/02/13 12:00 pm | Allied Telesis GS908L V2 はコメントを受け付けていません。
  • 032月

    先日のUSB-DDCの問題も若干関係しますが、それ以前にTime Capsuleがやや不安定でNASの導入を検討することにしました。
    Time Capsuleは稀に家庭内共有用の外付けHDDが認識されなくなったり、この中身やTime Machineのバックアップデータがごっそり消えたことがあったりで、それじゃ何のためのTime Capsuleか分からないですからね。

    用途としてはオーディオ用というよりも写真や文書などむしろバックアップのニーズが多いため、オーディオ用NASとかではなくRAIDを優先して選ぶことにしました。
    BUFFALOのLS220DCシリーズLS520Dシリーズで少し迷いましたが、CPUの処理速度の差のようでしたから、まずはお試しなのと容量優先でLS220DCの6TBモデル「LS220D0602C」に。

    6TBといってもRAID1運用しますから、実質的な容量は3TBです。
    RAIDなので動作音はそれなりに大きいだろうなぁと思ってましたが、ファンもありますし、やっぱりなかなかのものがありますね。

    動作音については下にタイルカーペットを敷き、さらにその後、J1 Projectと上面にディスクスタビライザーを載せてみました。

    今はまた配置をちょっと変えていますが、これならiMacの外付けHDDよりはよっぽど静かになっています。
    スマホをNASに近づけて動作音を計測して比較してみましたが、上がタイルカーペットのみ、下がJ1 Projectとディスクスタビライザー設置後の結果です。

    あとは特に困るところもなく、順調に運用できています。
    内蔵HDDも一応確認してみましたが、TOSHIBA DT01ACA300でした。

    故障率などの評判はそう高いわけではありませんが、この価格帯ならこの程度でしょう。
    取り出し用のプラ部品は付いてますが、それを付け替えれば自分で換装することもできそうですし。

    やや困った点としてはmacOS SierraにNAS Navigator2のインストールがうまくできなかったのですが、それは別のページから最新版をダウンロードするようになっていました。
    操作自体はスマホアプリも用意されていますし、基本はWebブラウザでできますから、ルータなどの操作に慣れていれば困るところは特にありません。
    これまでのところ、リビングのiMacから一度認識されなくなったことがあった程度で、それはTime Capsuleも同様だったのでおそらくネット側の問題でしょう。
    それ以外は一度もおかしな動作はせず運用できていますし、このまま快適に動いてくれると良いなと思います。

    Filed under: PC
    2018/02/03 12:00 pm | BUFFALO LS220D0602C はコメントを受け付けていません。
  • 081月

    これまではMac上で作業を進めることが多く、階下や家族からの連絡はiMessageでサクッとやり取りできていました。
    しかしWindowsとなるとそうもいかず、Fall Creators Updateのスマートフォン連携も大したことなくて不便だなぁと。
    そこで導入したのがPushbulletというアプリです。

    WindowsだけでなくiPhoneアプリもありますが、Macは有料のサードパーティ製アプリを使うか、Chromeの拡張機能を使う形です。
    紗羅は普段、Chromeを使っているのでそっちを入れましたが、たしかGoogle Chromeってアプリをやめるんじゃなかったかなぁ。
    一応、サードパーティ製アプリも購入しましたけど、使い勝手がイマイチですし、以前あったらしい純正も復活してほしいかも。

    iPhoneのほうはなかなか完成度も高く、通知もしっかり来るのでまさにiMessageみたいな感覚で使えます。
    さらに友人だけでなく、自分が登録してあるアプリや端末にもメッセージやファイルを送ったりできるのも共有フォルダなどを介する必要がなくて便利です。
    セキュリティ面はやや不安なので、先日のLogicool FlowやiCloud Drive、AirMacの共有ドライブなどを併用する形にしてますが、分散しておけばバックアップ代わりにもなってくれますからね。

    ちなみにiCloud DriveはAppleが提供してくれているものをWindowsに入れれば問題なく使えます。
    その勢いでiMessageにも対応させてくれると嬉しいのですけどねぇ。
    それまではこのPushbulletで回避しながら、やり取りしようと思います。

    Filed under: PC
    2018/01/08 12:00 pm | Pushbullet はコメントを受け付けていません。