• 2012月

    Macで使っているLogicoolのマウス「MX Revolution」の左クリックが
    たまにダブルクリックになるようになったので、分解して清掃してみました。

    開け方はWebで検索するとすぐに見つかって、ソールを剥がした
    ところに特殊ネジがありました。
    特殊ドライバーでも良いですが、マイナスの精密ドライバーで十分
    開け閉めが可能です。

    で、開腹してみると、何やらマイクロスイッチがポロリ。

    MX Revolution 分解
    MX Revolution 分解 posted by (C)MacBS

    以前からホイールの切り替えが動作しなかったので、おそらくそれに
    関連するスイッチが取れちゃってるんでしょう。
    あとは清掃だけして元に戻しましたが、ホイールの動作がかなり
    軽快になりました。
    ただ、肝心の左クリックは多少頻度は減ったものの、まだたまに
    チャタリングを起こすことがありますねぇ。

    次に替えるとしたら、MX 1100あたりかなぁ。

    ロジクール MX1100 コードレス レーザーマウス MX-1100 ロジクール MX1100 コードレス レーザーマウス MX-1100

    by G-Tools

    そういえば、仕事用のPCは、いまだにボールマウスなんですよねぇ。
    こちらも安いのをゲットしておくべきかも。

    B0026L6H9Y ロジクール ワイヤレスマウス M205 ブラック M205BK
    ロジクール 2009-05-01

    by G-Tools

    ただ、色々と入り用な時期でもありますし、以前使っていたMicrosoftの
    Wireless Mouse 5000もついでに分解して清掃しておきました。
    どうやらホイールのゴムが膨らんでいるようですが、清掃で多少は
    良くなったようです。
    ちなみに、こちらは特殊ドライバーが役立ちました。


    9種類×30ピースビット特殊精密ドライバーセット(ビット付け替えタイプ)マグネットタイプで付…

    Filed under: Mac, PC
    2009/12/20 11:58 am | MX Revolutionを分解 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.