• 233月

    一太郎発売から25年ということで、初代一太郎の起動画面が
    スクリーンセーバーになって配布されています。

    MS-DOSの起動から始まって、一太郎の画面で文字入力するところまでが
    しっかり再現されていて、懐かしいですね。
    一太郎自体の画面はスクリーンセーバーで見ていただくとして、ここには
    MS-DOSの部分を貼っておきます。

    私は管理工学研究所の松を愛用していたので、一太郎は大学で使った
    くらいですが、あれは三太郎だったかな。
    Ver.4あたりだったか、EMS対応になって、BUFFALOのメモリボードを
    使っていたのを思い出します。
    MELWARE」なんてのを使ってたのを懐かしく思い出します。

    当時はハードディスクも高嶺の花で、ICMの20MBに憧れてたなぁ。
    その後、緑電子のハードディスクを買った記憶があります。
    ロジテックはその当時からあったんじゃなかったかな?

    その頃からずっとATOKは脈々と続いてるわけで、もはや文化とも
    いえるのかもしれません。
    国内のソフトハウスはどこも苦戦している感が否めませんが、まだまだ
    頑張って欲しいところです。

    Filed under: PC
    2010/03/23 2:21 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    私も会社で松を使ってました
    家ではまだエプソンのワープロでした

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    そういえば会社も初期はOASYSでした。
    家では松の前はキヤノワードを使ってました。