• 0210月

    情報処理試験の受験票がやって来て、それを確認すると顔写真が必要とのこと。
    最近はこういう時もプリンタで済ませてるんですが、これまで使ってきたCanonのPIXUS IP4100がもう少し古くなってきて、ちょうどインクも切れていたんですよね。

    最近はプリンタ本体もかなり安くなってることですし、年賀状シーズンも近いということで、新たなプリンタ候補を探しに、久しぶりに家電量販店巡りをしてきました。
    とはいっても、あくまでもインク代相当ですから、格安機種がターゲットです。
    最初の候補はCanonのIP2700で、これはベスト電器で3980円でした。
    しかし、さすがにこれはちょっと貧弱な感じですねぇ。

    そこで、今度は複合機にターゲットを移して、同じキヤノンのPIXUS MP490を狙ってみます。
    お値段は同じくベスト電器で5980円だったので、完全に買い状態だったのですけど、なんと在庫なし。
    取り寄せても、また取りに行かないといけませんし、情報処理試験も近いですからねぇ。

    そこで一旦、コジマに行ってみますが、こちらはお値段も高めだし、品揃えもイマイチ。
    ということで、もう一度ベスト電器に戻って、HP Photosmart B110aをターゲットに。
    お値段は多少上がって8800円でしたが、インクも独立してるし、無線LAN対応ですしね。

    ただ、ここでも最後に対応した店員さんがイマイチでして…。
    念のため、キヤノンの取り寄せ確認をしたり、価格交渉をしたりしてみても、いちいち誰かに聞きに行ってしまうんですよねぇ。
    以前から知っている店員さんは異動になってしまったので、適当な店員さんを呼び止めたのが失敗でした。
    そんなわけで結局、今日の購入は見送りました。

    とはいえ、写真は必要ですし、早めに検討しなくちゃなぁ。
    明日までもう少し検討して、HPのを買うか、インク購入で延命するかを決めたいと思います。

    Filed under: PC
    2010/10/02 8:03 pm | 8 Comments

8 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。

    このところのインクジェットプリンターは複合機か高級機かと言う完全な
    二極化状態で、アイテムとしての選択肢は減ったように思います。拙宅の
    PM-4000PXは古い機種なので機種更新を考えたこともありますが、問題なく
    動いているしUSB/FireWireのどちらでも接続可能なので、まだ使い続ける
    ことにしました。

    証明用の写真は、写真屋さんに撮影して貰うのが最後の手段ですかね〜。
    証明用は、背景:無地とか肩口の辺まで入れるとかの規定があるはずですし。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    HPのものは無線LAN対応なのとメールやiPhoneからの印刷(AirPrint)にも対応してるので、ちょっと面白そうかなぁと。
    写真の印刷を考えると品質的にちょっとどうかなぁと思うのですが、それは写真屋さんに頼んだほうが良さそうですし。

    で、情報処理試験の受験票の写真は以前、証明写真用に撮ったものが見つかりました。
    これなら背景も大丈夫です。
    ちなみに自分で背景無地で撮影したデータも持っています。

    ということで、写真も見つかったので少し時間をおいて検討できるようになりました。
    週末ごとに量販店巡りしつつ、相場をもっと調べようと思っています。

  • straysheep Says:

    証明写真ってインクジェットプリンターで印刷したものでもOKでしたっけ? 私はもっぱら「スピード写真」で済ませてましたね。最近は証明写真を必要とすることも無くなっているので撮ってないですが...。

    最近のインクジェットプリンターは複合機ばかりで、むしろ選択肢が減ってますね。我が家では設置スペースの関係からブラザー以外の選択肢が無いに等しい。と言うか、FAX兼用出来るというのが最大の条件です(あと、LANポートを持っていること)
    ブラザーのMyMIOは設置面積も高さも小さくて済むのでリビング設置しやすいのがありがたい。古い機種なので最新モデルと比べれば低画質ですが、4色インクにしてはまぁまぁな画質で写真プリントもできるし、廃液タンクが満タンになるか壊れるかするまでは使うだろうと思います。インクも大量にストック(全て純正)してますし...。ただ、両面印刷出来るプリンターが1台欲しいとは思いますね。

  • SKY ONE Says:

    前のプリンタは、廃液タンクが満タンになっても、リセットして使ってました。
    結構使えます(笑)

    しかし、Canonのプリンタファームは、電源入れてから印刷できるまで
    あんなに時間かかるんでしょうか。
    あれにOKだした人の顔が見たい。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    スピード仕上げのお店も昇華型やインクジェットだったりなので、問題ないみたいです。
    まぁ、受験票の写真はそこまでの厳密さは要求されないかも。
    そもそも自分で写真を貼るのだから、あまり意味がない気がするんですけどねぇ。

    ブラザーもFAX付きのものが良さそうだなぁと思いました。
    そろそろ感熱紙のFAXも古くなってきましたし。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    廃液って取り出せるような仕組みにすれば良いと思うんですけどねぇ。
    以前使ってたBJ-600Jはいっぱいになりすぎて、紙が汚れるようになりましたが。

    電源を入れてからの動作はヘッドクリーニングがメインでしょうか。
    うちのIP4100はそんなに遅くないですから、機種によって差があるのかもしれませんけどね。

  • straysheep Says:

    ブラザーのMyMIOシリーズの廃液タンクは、タンクというよりも「綿」にたいなのに染み込ませているんです(ジャンク品のMFC-410CNを分解したことあり) なので、それを交換できれば大丈夫なのかなとはおもうのですが、自分でやるのはかなり厳しいですね(出来無くはないけど)
    でも、ネットで調べたことあるんですが「取り出して洗浄乾燥後に戻して使えた」というような情報も見たような記憶があります。

    廃液を取り出せない仕組みにしているのは「新機種を売る」ためと「修理代で稼ぐ」為でしょうね。他社は知りませんが、ブラザーの場合は機種ごとに上限修理代が決まっていて、修理代には往復の送料も込になってます。あと、本体にインクカートリッジを取り付けたままで送れるのですが、修理完了後に返送されてくるときに「新品インク」が全色付いてきます。現状、個人向け製品で修理代が15000円を超えるものは無かったと記憶してるので、最高額まで修理代がかかっても実質修理代金は1万円以下ということになります。
    キヤノンやエプソンの場合はどうなんでしょう?

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    エプソンもたしかフェルトみたいなものに染み込ませていたような記憶があります。
    インクをカートリッジにするなら、ここもカートリッジで交換式にしたら良いと思うんですけどねぇ。

    まぁ、BJ600Jを買った頃は本体が10万円近かったかと記憶してますので、価格競争の激化でこういうビジネスモデルになってしまったのでしょうねぇ。

    キヤノンのプリンタ修理は定額修理になってるようで、機種によって5250〜13650円くらいだそうです。
    http://cweb.canon.jp/e-support/repair/flatfare.html

    インクは修理時、装着状態で発送するようですね。
    返却時に新品になるのかはちょっとわかりませんでした。