• 081月

    SENNHEISERのTrue Wirelessイヤホン「MOMENTUM True Wireless」を導入してみました。

    あれほどBluetoothワイヤレスを毛嫌いしていたのに一気に宗旨替えしたのはag TWS-02Rがキッカケです。
    これでも十分満足だったのですけど、マルチペアリングに対応していないこととaptXに非対応というのがありまして、さらに上位のモデルはどうなんだろう?と気になり始めるいつものパターンです。

    候補は結構ありましてずいぶん迷ったのですが、最終的にゼンハイザーを選んだのはこれにしておけば現状としては打ち止めにできるだろうという目論見からです。
    ちなみに候補に挙がったのはNoble Audio Falcon、Nuarl N6辺りです。

    届いた時点ではファームウェアが1.2.60だったので、最新の1.2.70にするところから始めました。
    最大20分という表記がありましたが、実際はそれ以上かかったような印象です。

    途中でなぜかコケてヒヤヒヤしましたが、ケースに入れてからさらに続きがありまして、こういうところはやっぱり普通のイヤホンというよりデジタルガジェット寄りな雰囲気です。
    ちなみに「2019年2月にファームウェアのアップデートを予定」しているらしく、その辺りの完成度はむしろイヤホンメーカーよりも専業系のところのほうがお得意なのかもしれません。

    最初にやったのがイヤーピース選びでして、結果的にはfinal Type EのSサイズにしてあります。
    Mサイズでも問題なくケースにもちゃんと収まるところはさすがに良く考えられていますね。

    イヤーピースによる音色の違いとしては標準のものですと音の濁り自体は少ないのですが、わりと低域よりのバランスになる傾向です。
    final Eでもまだ低域は強めですから、より透明感を引き出したい場合にはSednaEarFitのTWS用に出ているものなどを選ぶのも良いでしょう。

    イヤホン本体は写真で見る印象よりかなり大きいですが、重量はさほどでもありません。
    右のほうがマスターになっている関係もあってか、ちょっと左右で重さに違い(左が約6g、右が約7g)があります。
    それも多少影響するのか、右耳はMのほうがフィットする感もあったのですが、左やマルチペアリングで紗羅が使うことなども考慮してSサイズとしてあります。

    バッテリーは本体のみで4時間、ケースも含めて12時間と結構短めな部類ですが、室内使いの私には特に困るシーンはありません。
    USBがType Cなのでモバイルバッテリーから追い充電するにしてもケーブルを忘れないようにしないといけないくらいでしょうか。
    ちなみに上の写真のランプの色で充電度合いは確認できますが、こっちはケースのヒンジ側で、開くのは反対側です。
    あと、本体のバッテリー残量をiPhoneで確認できるのは他のTWSと同じですが、どうも10%単位(100%から90%に減る)とやや粗いのが少し気になった程度です。
    音声の途切れや通話相手の聞き取りやすさなども全く問題ないように思われます。

    音質に関してはやはりゼンハイザーらしいなという仕上がりで、IE80Sにわりと似ているように思います。
    カナル型にありがちな圧迫感は少なめで、広がりがあります。
    あくまでもイヤホンとして良質に仕上げようという意気込みのようなものが感じられますね。
    もちろんDSPも活用されているのだと思いますが、あまり極端に使いすぎずDSPで弄った感が少ない仕上がりに感じました。
    それだけに下はそこまで極端に伸びているわけではなく、20Hz前後からは緩やかに下っていくようです。
    それでも全般的にはリスニング寄りの仕上げで、やや甘めの聴きやすい味付けかとは思います。

    懸念のマルチペアリングもしっかり対応されていて最大8台とペアリング可能です。
    AK300ではしっかりaptXで接続されたことも確認できました。
    ただ、これはAK300とどちら側の問題か分かりませんが、イヤホン自体のボリュームとDAP側のボリュームが別々になっていて、DAPではイヤホン側のボリュームが操作できません。

    イヤホンの右側面を長押し(実際はタッチパネル)すればボリュームアップ、左の長押しでボリュームダウンしますので、覚えておけば困ることはありませんけどね。
    ちなみにマイクも内蔵されていますから通話にも簡単に出ることができますし、Tranparent Hearingで外音取り込みしつつ音楽をポーズ(再生のままにも変更可能)できたりと、一通り最近のTWSに備わっている機能を有しています。
    来年あたりにはノイズキャンセリングが付いた後継モデルの噂もありますけどね。

    ag TWS-02Rは先日も書いたとおり、紗羅が愛用するようになりまして、私がこっちを主にiPhoneで常用しています。
    agやワイヤードのイヤホンとの比較や音質に関しては、また後日書いてみたいと思いますが、ブランド分を差し引いてもやはり音質に関しては価格だけのことはある仕上がりだと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/01/08 12:00 pm | No Comments
  • 071月

    Nikonからデジタル一眼レフ「D780」が1/24に発売だそうで。

    Zシリーズも一切取り上げなかったわけですが、それはまだ「ミラー」に固執しているからなのかもしれません。
    うちにも初代α7がありますが、ほとんど出番がないままで今でもメインはD600ですし。
    ただD600もちょっとした不具合が見受けられたりしていますし、おそらく次に買い換えるのが事実上最後の「一眼レフ」になりそうな予感もして、このD780が気になったわけです。

    実際のD780はと言いますと、「もう素直にミラーレスにしたほうが良いのでは?」というくらいミラーの必要性の薄い仕様になっています。
    目玉がライブビュー時の像面位相差AFですし、この時だけ(当たり前ですが)瞳AFが使えたりと、使い始めるとミラーアップして使ってたりして、そうなればさすがにミラーレスへ移行する潮時を痛感することでしょう。
    そういえば昔の機械式一眼レフには機械的にミラーアップするレバーがあったりしましたが、むしろそういう機能があっても良いのかもしれませんね。

    D600は2012年発売ですが画素数としてはほとんど変わっていないのですね。(最近全くチェックしてなかった。)
    重量もD780が本体のみ755gでこちらもほぼ同じです。
    もちろんその間の進化はかなり色々あって、ファインダー撮影でも51点AFで15点がクロス(D600は39点、うち9点がクロス)になっていますし、高感度の画質もおそらくかなり向上していることでしょう。

    特に前述の像面位相差AFでは273点もAFポイントがありますし、そこはまさにZマウントの技術をそのまま応用しているのでしょう。
    動画記録も素人撮影には十分すぎる内容ですし、Fマウントのレンズ資産が多ければまだまだこちらを選ぶ価値はありそうです。
    あと、地味にWi-FiとBluetoothでの転送ができるようになってるのも良いですね。
    SDカードスロット2つなのも同じですが、バッテリーはEN-EL15からEN-EL15bになっています。

    ここまで詳しく調べていると、いかにも買い替えそうに思われそうですけれども残念ながらその予定は全くありません。
    ただ私にはまだニコンの一眼レフがいちばん「撮りたくなるカメラ」なんだなと感じたのはたしかです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2020/01/07 3:00 pm | No Comments
  • 051月

    agのTrue Wirelessイヤホン「TWS02R」もすっかり常用状態になりました。

    前回からだいぶ経って実は現在、紗羅がメインで使っています。
    Bluetoothでは音質が…とずっと思ってきましたが、そりゃ本格的なDAPやアンプ、豪華なイヤホンと組み合わせれば差はあるものの、iPhoneで気軽にYouTubeや音楽を楽しめるというメリットに比べれば、その差は思った以上に少ないというのを実感しました。

    通常のイヤホンと変わらないサイズにバッテリーからアンプ、さらにはDACからマイクまで内蔵なんて利便性はあっても音質は…と考えていましたが、ドライバユニットまでオールインワンだからこそ、デジタル領域での補正も可能なのが活きているようにも感じました。
    finalのこれまでの実績からくるアコースティックな部分でのチューニングももちろん素晴らしいのでしょうけれども、低域の音階の明瞭さなどは確実にデジタル領域での補正が功を奏してるようです。

    正直言ってここまで良いとは思ってもいなかった、というのが本音でして、いくつかイヤホンを整理しても良いなと思うキッカケにもなりました。
    もちろんiPhoneではAACに再エンコードされるわけですから、残念ながら圧縮音源なのはどうやってもカバーしきれない部分はあります。
    おそらくAAC 320kbps程度ですから、よほど音数の多い音源でなければロスレスと区別ができないこともあるはずですが、再エンコードが走る関係もありますし、OS側のサウンドとミックスされたりする「余計な」処理も通りますから、情報量もあるけれど、混変調がどうしてもあるようには思われます。
    そこはDAP等、純粋なオーディオ機器だとだいぶ違ってくることでしょう。
    手持ちのAK300だとAAC非対応(aptXとSBC)ですのでSBC接続になりますが、それでも純度の点ではこちらのほうが良い部分も感じられました。

    しばらく聴いた後、IE80SをLightningアダプタでつないで比較してみたところ、やはりこちらのほうがごまかしのないサウンドではあります。
    アナログ段が弱いせいもあって、音に濁りが出てくる部分はありますが、やはり違いはあるようです。
    TWS02Rの場合、主旋律はむしろクローズアップされてスポットライトが当たったかのようでとてもクリアですし、透明感も高くて驚かされます。
    ただ、それ以外のバックの音はやはり多少の揺らぎを伴うことがあるようです。
    むしろそれだけにスッキリして良く聴こえる部分も多々あるので、そこはピュアオーディオ的にこだわるのか、どこでも聴きたい時に聴きたい音源を楽しむメリットを享受できることを最優先とするか、でしょうか。

    かなりシビアに音質を追求したらこんな感じのレビューになってしまいますが、実際のところ、「このお値段でワイヤレスでここまで良いとは!」というのが率直な驚きでした。
    まだまだ進化や競争の激しい分野だけに進化のスピードもさらに加速していくのかもしれませんが、だからこそエントリークラスでクセの少ない素直に音の良いワイヤレスを提供してくれるagブランドには今後も期待したいと思います。

    Filed under: Audio
    2020/01/05 2:30 pm | No Comments
  • 2912月

    AMETEK POWERVARの医療用電源コンディショナー「ABC500-11MED」を導入してみました。

    キッカケはC-280LやDP-77の不具合でメーカー修理に出したものの、メーカー側では再現できなかったこともあり、こちらの電源環境に何らかの問題があるのであれば、それを排除できるのでは?と思ったためです。
    他にもいくつか候補はありましたし、オーディオ用の高級なものもありますが、あくまで検証用でしたのでお値段的にもお安いものを。

    といっても120V5Aという容量ですし、国内で販売された医療機器の付属品として認証を受けたものですから、その辺りの安心感はあります。
    中身としては基本的にはアイソレーショントランスですが、それにサージアレスタとノイズフィルタを組み合わせたもののようです。
    内部を見ても電源スイッチの辺りにサージアレスタと思しきパーツが、基板の裏側に指月電機のスナバ用コンデンサが見られます。

    トランスはかなりのサイズで全体の重さは10kgほどです。
    600VAなわけですから、ある意味当然のサイズではありますね。
    また、アース非接続だと正面に赤ランプが点く機構も用意されていて、こちらもしっかり作動を確認しました。

    若干貧弱なのはコンセント部分で、一応ホスピタルグレードとはなっていますけど、オーディオマニア的には交換したくなる部分でしょうか。

    まずは空気清浄機で動作確認しましたが、入力電圧が103Vくらいの時で出力は105V近辺となっています。
    またGROUNDの電位もしっかり抑えられていて、接続前よりも機材全体として1Vくらい低下したような感じです。
    アイソレーショントランスでありがちなノイズはやはり多少ありまして、本体から少しジーッというノイズがしますが、それほど気になるほどではありません。
    筐体に多少の共振対策はしておきましたが、ひとまずあまり手を入れずに試してみることにしました。

    接続先としては入力機器側のRTP-4 absoluteにつなぎました。
    ここまでは壁コンセントからabsolute POWER CORDの2芯でつながってますからアース非接続のはずですが、アース警告ランプは点きません。
    どうやらRE-9がアースになってくれているのでしょう。

    まずはDP-77のみつないで聴いてみますと、静寂感が上がって細かなニュアンスがしっかり描写されるようになります。
    やや音圧が下がったような感覚はありますし、少し固さはあったり、低域は膨らまないものの、量感もやや減る印象もあります。
    その辺りはクリーン電源に似ていますけども出音のノイズが増えるといった弊害もなく、むしろ余韻の描写が細かく出てくるメリットのほうがやや上回るかなといったところです。

    調子に乗ってDP-77に加えて、C-280L、SCD-777ES、BL-99Vとまとめて繋ぎ変えてみました。
    SCD-777ESでもDP-77同様にクリアになった感触でピアノの打鍵が生々しくなりました。
    ただ、これもクリーン電源の類にありがちな低域のパワーが減退してしまうのと、音数が減ってしまうのがDP-77より顕著だったため、こちらは結局、これまで通りに戻しました。
    DP-77は不具合の件もありますし、透明感の高い音を優先させてプレーヤーの差をより明瞭にしてみるのも良いかなと。
    とりわけSACDでは空気感の再現性が高まっていて音が混濁しないところに魅力もあります。

    むしろ効果が目立ったのはプリアンプのほうでして、一旦戻してみると「こんなに曇って濁ってたっけ?」と思ってしまうほど違います。
    電源ケーブルも直生えですし、古い機材は今のように電子機器が溢れていなかったこともあり、ノイズにやや弱い傾向もあるのかもしれません。
    全体的に上品になっていて、あまり良い喩えではありませんが、パワーアンプがA-45だった頃の音を想起させるものです。
    プリに限っては力強さが減退した感じもありませんし、なにより澄んだ空気感が再現されて音源のノイズがしっかり分かるほどにアンプ側の暗雑音が減ったような印象ですから、このままで良いでしょう。
    効果はレコードでも大きく、プリ側のフォノイコライザーはもちろん、ターンテーブルもやはりPOWERVARから電源を取ったほうが良いようです。
    曖昧さが大きく減って良い意味でレコードがSACDのような風合いになりますし、それぞれの楽器の音が混濁せずしっかり聴き取れるようになりました。

    あくまで検証用のつもりが結果的にはシステムに組み込まれる形となったのは意外でした。
    途中でも少し書きましたが、電源ケーブルが直生えだったり、モーター類が多くむしろノイズ源になりがちな機材には有効なように感じました。
    当初はNASやネットワークハブで使おうかと思っていたのですが、当面はこの配置で様子見してみようかなと。
    コンセントや内部配線のグレードアップもやってみたいところではありますけども、安全性も重要ですからそちらも当面は現状のままにしておくでしょう。

    POWERVAR自体は海外ではオーディオに流用しているマニアも結構いらっしゃるようですが、国内ではちょっと入手しづらいかも。
    アイソレーショントランスのみのものは結構ありますが、スナバ回路(に近いもの)が入っているのはやや珍しいでしょうし、出物があればもう一台くらいあっても良いのかもしれません。(今回くらいのお値段で見つかれば、ですけどね。)

    Filed under: Audio
    2019/12/29 2:30 pm | 2 Comments
  • 1612月

    ACOUSTIC REVIVEのコンセントカバー「CFRP-1F」をだいぶ前に導入しました。

    ちょっと色々あってオーディオを聴く時間が限られたこともあってご紹介が遅くなりましたが、その分じっくりこの製品の効果を体感することができました。
    装着したのはオーディオ機器類を担っているメインの壁コンセントです。

    コンセントプレートにはCB-1DB、コンセントにはACOUSTIC REVIVE特注のGTX-D NCF(R)を使っていますので、それだけでももう十分な感じではありましたが、ずいぶん前に販売終了になっていたこのCFRP-1Fも気になっていたのです。
    これまでもいくつかコンセントカバーは試してみたのですが、正直「ないほうが良い」というものが多くて装着せずに使ってきました。

    理由はなんとなく分かっていて、こうしたカバーはコンセント中央にネジ一本で固定する形ですから、せっかく振動を減らそうと工夫しているのにそれを増長してしまう傾向が強いからだと思っています。
    ただホコリ対策や静電気にはNCFを使ってあるとはいえ、カバーがないと物理的な隙間はどうしてもできてしまうわけです。
    その点、カーボンファイバーで作られてあり、裏にはfo.Qで対策されたCFRP-1Fなら「あったほうが良い」を期待できるかなという目論見だったわけです。

    まずは修理から戻ってきたばかりだったDP-77でCFRP-1F装着前に、まずは今の音を把握しておきます。
    DP-77もようやく調子が戻りましたから、穏やかで上品な風合いになりましたが、ケーブル類をSCD-777ESに譲った関係もあってか、少し腰高な印象がありました。

    ここでおもむろに装着していきますが、付属のネジはGTX-D NCF(R)には適合しないようで、おそらくインチ系のネジなのかなと思われます。
    そのため、FURUTECHのコンセントカバーに付属していたネジを使って装着しました。

    プレーヤーやソフトはそのままにまず聴いてみますと、神経質さが減って堂々とした感じに変化してくれました。
    ノイズや静電気の影響が低減されたおかげなのか、弦楽器がシルキーでガサつかないのが非常に好印象です。
    音像はより明瞭になっていますし、なによりキツさが皆無になっていながら貫禄のある音に仕上がりました。
    雰囲気としてはNCFのメリットがさらに強化されたような印象です。

    他のコンセントカバーのように音自体の質感が変化したり、一部が強調されたりすることはなく、ザワつきが減ったり深みが出るような「基礎体力」が上がるような変化の方向性です。
    あえて変化を捉えるとすれば、温度感が高くなった感じでしょうか。

    次にSCD-777ESのほうで聴いてみますと、こちらはより没入感の高いサウンドです。
    ただ、以前は少しダイレクト過ぎてディスクによっては尖りを感じることもありましたが、そこは適度に落ち着いて腰が据わったように思います。
    同じソフトをDP-77で比べてみるとこちらのほうが繊細な描写という点では秀でている部分も感じ取れます。
    とりわけ、ベースの実体感が大きく向上しており、滲んだり揺らぐ感じがとても少なくなりました。

    また、小音量時と大音量で音の質感が変わらなくなったのも印象的で、これもNCFと同様、振動の影響が減ったのではないかと推測されます。
    いちばん変化を感じるのはヴァイオリンで、録音によってはヒステリックになりやすかったのですが、それが大きく改善されていて、ソースによる差異は多少あるにせよ、より生に近い音色になっているようです。
    そこはうちの世代のAccuphaseのデメリットのような部分もあるかと思いますが、そこがしっかり補正されたようにも感じています。

    正直、音の変化こそあれ、壁コンセントやコンセントベースほどの改善効果はないのでは?と思っていましたが、そこはやはりしっかりと土台を固める効果を体感することができました。
    なにぶん旧製品ですし、やはり効果としては壁コンや電源ケーブル、電源タップを優先すべきだとは思いますけども、システム全体であと一歩、基礎固めをしたい場合には大変有効なアクセサリではないかと感じた次第です。

    Filed under: Audio
    2019/12/16 2:30 pm | No Comments
  • 1512月

    音楽之友社が1963年から続けている「レコード・アカデミー賞」で、ACOUSTIC REVIVEレーベルからリリースされている佐藤俊介さんの「J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲」が大賞銀賞に選ばれたそうで。

    ちなみに大賞はクレアシオンからリリースの古典四重奏団の「ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲全集」、大賞銅賞にはグラモフォンのネルソンス指揮ウィーン・フィルの「ベートーヴェン/交響曲全集」が選出されています。
    いずれも複数枚のものが多いのも印象的ですが、基本的には大手のミュージックレーベルが多いわけで、その中でオーディオブランドのディスクが選ばれるというのはちょっと珍しい(というよりもスゴい)かなと。
    いろんなところから「高音質」を謳ったディスクというのはいっぱい出ていますが、言い方はちょっと悪いかもしれませんが「内容」で選ばれるというのは稀有なことかなと感じます。
    もちろん佐藤俊介氏はもともと素晴らしい実績をお持ちの方ですし、オランダ・ハーレルム教会という場所とオランダ・バッハ協会管弦楽団の音楽監督に就任されたことなどが融合して生まれた作品だとは思いますが。

    ちなみに第1回は1963年、昭和44年で、当時の大賞にはブリテンの「戦争レクイエム」が選ばれていますし、第2回はクナッパーツブッシュ指揮の「パルジファル」など、今から見直してみても良作がいろいろ見つかりそうです。
    今年の授賞のなかには久石譲氏が指揮した「ベートーヴェン/交響曲全集」などもあったりして、そんなことまでやってたとは!(失礼)と驚いたりもしました。

    音楽之友社というとオーディオマニアはどうしてもstereo誌のイメージが強いですけど、レコード芸術のほうが歴史も古いわけですよね。
    大学の時の恩師がよくレコ芸を買いに街まで出る時に私を車で送ってくれていたのを思い出します。
    田舎では雑誌の発売日が遅れるわけですが、レコード店(CDショップ)だと発売日に入荷するところがあったんでしょうね。
    今でも時折、近況報告させてもらったりしていますけど、今度、レコ芸の話でも懐かしくしてみようかなと思ったりしたニュースでありました。

    Filed under: Music
    2019/12/15 3:00 pm | No Comments