• 0812月

    My Sonic Lab SH-1Rhがお気に入りでZYX Ultimate 100、Lyra Helikonで愛用していますが、Accuphaseのカートリッジは自重が9.5gと重いこともあり、もうちょっと軽量で良いヘッドシェルがないか、以前から探しています。

    一般的には重いのはむしろ良いことだらけなのですが、SAECのWE-407/23にミドルマスウェイトを装着している状態では15〜25gが調整範囲でして、ビスやリード線も差し引くと最大14gくらいまでという制限があります。
    また、ウェイトは中央付近に来るほうが性能が出やすいですから、トーンアームの特性を活かすなら12gくらいまでが理想です。

    以前導入したShelter Model 1011Lは9.3gと最近のヘッドシェルとしてはかなり軽量な部類で良いのですが、やはりその分、強度がやや不足気味かなと感じます。
    また、SH-1Rhのツインキーロックに慣れてしまうと1ピンというのは頼りなく感じてしまう部分があり、できれば2ピンが望ましいなと。
    もちろん、Shelterのはお値段も安いのでお買い得ではあるんですけどね。

    真っ先に候補に挙がったのはZYX Live18ですが、とにかくお値段が…。
    12gという重さや2ピンといった部分は理想的ですけど、そもそもZYX Ultimate 100に使いたくなってしまうでしょう。
    ちなみにZYX Ultimate 100は自重が5gとめっぽう軽いので、今度はむしろ軽すぎてPure Silver BaseやTin Baseが使いたくなってくるかも。

    お次は以前も候補に何度か挙がっていたPhasemation CS-1000です。
    こちらは13.8gと上限ギリギリな感じですけど、ネジとリード線も込みの重さなのでとりあえずセーフかなと。
    Shelter Model 1011Lと同じ穴あきタイプですが、ジュラルミンにDLC加工というのはさすがです。
    お値段はややお高めですし、それこそPhasemationのカートリッジと組み合わせるのがベストなのかもしれませんけど。

    意外な候補としてはこれも以前から挙げていたLUXMANのOPPD-SH1で、こちらは13gとのこと。
    おそらく何処かのOEMだと思われますが、2ピンというのもクリアしてますし、マグネシウム合金というのも良さそうです。
    お値段も考えるとコレが最有力候補になるのかな?
    ちなみに当初は山本音響工芸のカーボン製、HS-4が10.7gということで最有力候補だったのですが、先日ヨドバシで実物を見たところ、だいぶイメージが違ったのと、1ピンということで候補から外れました。
    1ピンだから絶対ダメというわけではないのですけど、カーボンが積層でしかもかなり厚いのもトーンアームの高さなどの観点からウチとは相性が良くない可能性があるかなと判断しています。

    実際にはそんなに慌てて替える必要はなさそうなのでじっくり考えたいと思いますが、LUXMANのは取り扱いがないお店も多いようですし、今後は全般的に値上げ傾向になるのかな?とも思われるので、タイミングを見計らって狙いを絞っておきたいところです。

    Filed under: Audio
    2017/12/08 12:00 pm | No Comments
  • 0712月

    ACOUSTIC REVIVEのマイナスイオン発生器「RIO-5II」でレコードの除電ができるという情報を得たので、この機会にリビングから奪取してメイン機材周辺に復活させました。

    RIO-5IIは本来、CDやDVDを上に載せて電動ファンが作動させて使うんですが、レコードは大きさ的に手に持って照射させるような形になります。
    ただ、上に載せた状態でファンを動かせばあまり問題ないのですが、空中でレコードを持ってやると部屋のホコリも舞い上がってしまい、ホコリがくっついてしまうという問題が…。
    どちらかと言うと部屋の掃除をちゃんとやりなさい!という感じですけども、それにしても例えばクリーニングマシンでバキュームした直後にコレをやるというのはやや本末顛倒になってしまう可能性はあります。

    以前からレコードも当然帯電するものの、むしろ除電すべきは内袋かな?という気もしていたので、そういう「レコード周り」で使うのが良いのではないかなという気がします。
    他にも自走式クリーナーやブラシといったホコリをはらう時に使うものを予め除電しておくのも効果があるようです。
    ちなみに懐かしの自走式クリーナーですが、今でも現役で活躍してくれていて、溝の汚れを取るという期待は全くしていませんが、表面のホコリや除電機能、それにサクションで均等に盤面を吸着してもらうための補助に活躍してくれています。
    コレを使えば、ほとんどブラシの出番はなくて済みます。

    そんなこんなで盤面からレコード周り各種を除電して、レコードを聴いてみました。
    音傾向としては高域のキツさはやや落ち着いて、ほとんどノイズが目立たないディスクでも実際には音楽の背景では聴き取れないレベルのプチパチが減っているのではないかと思われます。
    どちらかと言うとゴミが付かなくなるというよりも、溝を針でトレースしても針先が荷電しないような働きをしてくれているように感じます。
    季節的に冬場は特に内周で帯電したなぁと感じることが多くなるのですが、それが春秋くらいの時期程度には軽減されるくらいの効果はあるようです。

    実際に再生した後、針先をルーペで見ても、普段よりゴミの付着は確実に減っていました。
    クリーニングマシンほどではありませんが、アレを再生のたびにやるのは大変ですし、そもそもディスクにも負担がかかるでしょう。
    ですので、内袋に入れた状態、あるいは取り出した状態で内袋のみをRIO-5IIで処置しておくのが私としてはオススメかなと。

    もちろん、再生中にも点灯して使っていますし、CDも処置するようにしています。
    オンにしたほうが部屋の空気が安定したような印象がありますし、スピーカーからの音という感覚から楽器の音色という受け取り具合に変化してくれます。
    CDも穏やかさを増し、棘がなくなって音楽に集中できるようになる気がします。

    また、パワーアンプのメーターをオフにしたほうが実は音が良くなるのですが、RIO-5IIを点灯してあるとそれがより顕著に分かるようになりました。
    音の純度が上がってるので、些細な差も判別しやすくなるのではないかと推測しています。
    もちろん、パワーメーターがなくても間接照明として役立ってくれるという側面もありますし。

    レコードの除電という観点だけですと、他の除電グッズとの併用が望ましいのかな、と思いましたが、あくまでコレはオマケ的要素だと考えれば良いのでしょう。
    CDはもちろん、普通に点灯しているだけでも効果的だと思いますので、ちょっと変わったオーディオアクセサリーがお好きな方には改めてオススメしておきたいと思います。

    Filed under: Audio
    2017/12/07 12:00 pm | No Comments
  • 0612月

    Franco Serblinの2wayスピーカー「LIGNEA」が発売になったようで。

    Franco Serblin氏はSonus Faberの創始者なわけですが、2013年に亡くなってもう新製品は出ないのかなぁと思っていました。
    実際にはマッシミリアーノ氏が愛弟子として引き継いだようで、娘婿だから…というだけではなく、後期の作品2つの組み上げやネットワークの設計などを手掛けていたようです。
    また、このLIGNEAもセルブリン氏が生前残したスケッチからマッシミリアーノ氏が選んで具現化したものだとか。
    なんだか「ジョブズ亡き後のApple」みたいな展開になってますが、まぁ名を冠するブランドなら尚の事、仕方ないところでしょう。
    杓子定規な考え方で叩く必要は別にないですから、実際の音が良ければそれで良いのではないかと。

    そんなLIGNEAですが、ペアで74万(税別)というのは「意外と安いな」というのが徹底的に麻痺したオーディオマニアの感想です。
    ただ、しゃもじ楽器を思わせる曲線豊かな木製キャビネットだけでも相当なコストがかかりそうです。
    私自身は箱鳴りを活かした設計は最近の好みからは外れているのですが、それは大抵、中途半端だからダメなわけで、これだけ拘ったキャビネットならきっとうまく活かした設計になっているのだろうと好意的に見ることができます。
    ちなみに木材には菩提樹が使われていて、しゃもじの柄の先にL字型の金属スタンドが付いている形です。
    このスタンド形状だと地震が多い日本ではちょっと怖い気もしますけどね。

    外観に反して内部的にはわりと普通の2wayバスレフスピーカーで、バスレフポートが背面にある形です。
    重さは16kgとさほど重くないですが、スペースは結構必要でしょうし、能率も高くはないので駆動するアンプもそこそこ選ぶかな?
    今のSonus Faberよりは圧倒的に興味がありますが、うちに似合うスピーカーではなさそう…。
    ただ機会があればどんな風になるのか、聴いてみたいところです。
    あと、カープ限定モデルとか出たら面白そうですね。(結局それが言いたかった。)

    Filed under: Audio
    2017/12/06 12:00 pm | No Comments
  • 0512月

    まだハッキリとしてないのですが、仕事の都合でもうちょっと新しいWindows PCが必要になるかもしれないなぁと思ってる矢先、「VAIO 年末年始応援!キャッシュバックキャンペーン」というのを見つけました。

    購入後、レシートと保証書を撮影し、応募ページから申し込むと翌月には指定口座にもれなく10,000円がキャッシュバックされるんだとか。
    購入店舗はVAIOストアなどである必要はないようですが、対象モデルはVJS112、VJS132、VJS152、VJZ13B、VJZ131の各シリーズと新しいモデルのみが対象です。
    キャンペーン期間は購入(注文)が来年1/17まで、応募は2/17までとのこと。
    タイミング的にはピッタリではあります。

    問題は価格とピッタリ来る機種があるか、というところでして、VAIO Zが2016年2月発売モデルらしく最近は出てないんですねぇ。
    お値段も結構なものですから今さら感があるのは残念なところです。
    そうなるとVAIO Sシリーズが候補ということになります。
    仕事上の条件はそれほど厳しくなく、以下の程度で大丈夫なはずです。

    ・メモリは8GB以上
    ・Core i5以上
    ・できればSSD

    メモリがいちばん多めに欲しいところで、増設できるのが安心ですが、S13は増設不可の模様…。
    そうなると増設が可能なS15ということになりますが、最大でも16GBですし、機種によっては空きスロット無しとなる場合もあるようですねぇ。
    S13でCore i5にしてメモリを16GBフルにするとお値段は224,424円(税込)。
    S15はなぜかソニーストアのみのようですが、こちらはCore i7、メモリ16GB、フルHD、SSD256GB、Blu-rayドライブとしても177,800円+税。
    何か決定的な違いがあるのでしょうけど、S15なら候補に残りそうです。

    ただ、まだ仕事の内容も定まってないので、まずはそこからなんですけども、始まったらかなり急ぎで必要になるので納期も重要な要素になるでしょう。
    普段なら中古で見つけてSSD換装やメモリ増設…となるんですが、それは厳しそうですから、あとは以前から気になってるSurfaceシリーズ辺りと比較しつつ、S15とS13の違いを隙を見てもうちょっとお勉強しとこうと思います。

    Filed under: PC
    2017/12/05 12:00 pm | No Comments
  • 0412月

    仕事上でWindows PC2台をようやくアップデートし終えたと思ったタイミングで、今度はAppleからiOS 11.2が出ているのを知りました。
    Windowsもなかなかのものですが、最近のAppleはそれを上回るくらいの勢いでどんどん更新がやってきますし、その内容も楽しさがあるものではなく、むしろお粗末な内容が多くて正直ゲンナリします。

    今回はアプリの通知でiPhoneが再起動を繰り返す不具合もあって、慌てて出てきた感があります。
    Macのほうもrootが簡単に奪取できてしまう不具合が起きたばかりですし…。
    幸い、再起動する不具合はウチでは発生していませんでしたが、この不具合が発生している場合は一旦、すべてのアプリの通知をオフにしてからアップデートしないとダメだそうです。

    もちろん新機能や修正もたくさん入っていて、以下のような内容だそうです。

    ・「Apple Pay Cash」の追加(米国のみ)
    ・iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの高速無線充電対応
    ・iPhone X用の新しい3つのLive壁紙を追加
    ・ビデオカメラの安定性を改善
    ・Podcastで、同じ番組の次のエピソードに自動的に移動する機能を追加
    ・HealthKitに、データタイプとしてダウンヒル・スノースポーツの距離を追加
    ・「メール」で、ダウンロードが完了したあとでも新規メールを確認をしているように見える問題を修正
    ・Exchangeアカウントからのメール通知を消去しても再び表示される問題を修正
    ・「カレンダー」の安定性を改善
    ・[設定]で、何もない画面が表示される問題を解決
    ・ロック画面で、「今日」の表示またはカメラへスワイプできない問題を修正
    ・ロック画面で、「ミュージック」のコントロールが表示されない問題に対応
    ・ホーム画面で、Appのアイコンが間違った順序で配置されてしまう問題を修正
    ・iCloudストレージ容量が制限を超えているとき、最近の写真を削除できない問題に対応
    ・「iPhoneを探す」で、地図が表示されない問題に対応
    ・「メッセージ」で、キーボードが最新のメッセージの上に重なってしまう問題を修正
    ・「計算機」で、数字を速く入力すると正しく計算できない問題を修正
    ・キーボードの反応が遅い問題に対応
    ・耳の不自由な方のために、リアルタイムテキスト(RTT)通話への対応を追加
    ・メッセージ、設定、App Store、ミュージックで、VoiceOverの安定性を改善
    ・VoiceOverが、受信した通知を報告しない問題を解決

    電卓の不具合なんかもだいぶ前から騒がれてましたが、ようやく更新されたんですねぇ。
    私のiPhone 7だとサードパーティのカメラアプリを起動した後に純正のカメラを起動するとプレビュー表示されず写真も撮れないという不具合がありますが、それは治ったのかなぁ。
    どちらかのアプリをタスクから消して再度立ち上げれば治るので、大して困りはしませんけども。

    ちなみにそんなiOS 11.2も、アップデート後にFace IDが機能しなくなる不具合が起きたりしているようです。
    紗羅のiPhone 8 Plusも初期のiOS 11では急に画面が一切タッチを受け付けなくなる(ただしスワイプでコントロールセンターや通知は出てくる)という問題が何度か発生していましたが、いずれかのバージョン以降は起こらなくなったみたいです。

    High Sierraのroot問題もファイル共有できなくなるとか、MRTが1.26のままになってしまい、アップデートしても穴が塞がってなかった、なんて問題が起きていて「何やってんの!」っていうのが正直なところです。
    実際、ウチのMacの中でもMacBook ProではまさにMRTが1.26になったままでした。
    なにせOSだけでもiOSにmacOS、watchOS、tvOSとありますし、iOSも画面構成などが異なるものが増えていますから、チェックしきれないのでしょうね。
    Appleは過去にも同じような失敗をしていたはずで、今のうちに何か手を打たないとマズいかも。
    ただその「手段」がmacOSとiOSの一体化だったりするのは勘弁して欲しいという思いもあるので、そこは複雑なところですけどね。

    Filed under: Smartphone
    2017/12/04 12:00 pm | No Comments
  • 0312月

    Cardas Hexlinkを追加して少し様子見しましたが、RCAとの併用で問題ないと判断したので余ったAccuphase ASLC-10をリビングに移設することにしました。
    ある意味、当初からそれも想定内だったわけですけどね。

    使うのはC-200LとA-45の間で、これまでは同じアキュフェーズのSLC-10を使っていました。
    型番こそ違うものの、そこまで大きく違わないかもなぁと思いつつ、SLC-10を外してみるとそもそもケーブルの太さもだいぶ違うことに今さらながら気づきました。

    接続し終えたら愛犬の大好きな愛聴盤などを聴いていきますが、想像以上に違って驚きました。
    簡単に言うとメイン機材とそっくりになってきつつありますね。
    そりゃDP-70V(メインはDP-77)、C-200L(C-280L)、A-45(P-550)、Matrix 805(Matrix 802 S2)と同じような構成ですから当然といえば当然です。
    紗羅のファーストインプレッションは「音がしっかりした」というもので、「透明度が上がった」とも感じたようですが、そもそも音量がこれまでよりずっと大きくして聴いていますね。
    SLC-10はやや細身でキツさが出ることもあったし、低域に物足りなさがあったのですが、それが全て解消して、ふくよかさときらびやかさを両立させつつ、あくまでも穏やかなものになったのでうるさく感じないのだと思います。

    私の印象としても同様で、805だから低域はこんなもんだろう、と思っていたのが解消されていて、どうやらボトルネックがココにあったようです。
    また、高域がもたつかなくなって一音一音の歯切れが良くなったのもそうした印象を強めているように感じます。
    同じメーカーのXLRケーブルでもこれだけ違うというのは正直、ちょっと想像以上のものがありました。
    リビングはスピーカーケーブルもCardas Neutral Reference Bi-Wireを投入してるわけで、紗羅は「もう何もしなくていい」と言っております。
    私としてはRCAケーブルで繋いでいるDP-70Vも替えてみたら面白いかなぁと思いますけど、メイン機材が負けてしまうのも悔しいので程々にしておこうと思います。

    Filed under: Audio
    2017/12/03 12:00 pm | No Comments
  • 0212月

    純正リセットの時期を経て、DP-77はもうちょっとAccuphase色を薄めたいなという気分になっていたところ、CardasのXLRケーブル「HEXLINK-5C」の出物を見つけてゲットしてみました。

    偽物の多さには辟易するほどのCardasの中でも群を抜いて偽物が多いHEXLINKですが、その殆どはGOLDENのほうで黒いほうのHEXLINK-5Cはそこまでではありません。
    また、今回のものはショップで保証書と当時の代理店(大場商事→今の太陽インターナショナルの前身)の袋も付いていたので、ひとまず大丈夫だろうと。

    ただ年代的に古すぎるのか情報が少なくて音傾向などがイマイチ掴みきれませんでしたけど、これまでCardasのケーブルはそれなりに導入して失敗したと感じたものは皆無でしたし、何処かで出番はあるだろうと。
    実際にはそんな心配は不要なほど、いかにもCardasらしい音色でありつつ、当時の上位モデルを感じさせるサウンドでしたけどね。
    ちなみに長さは1mですので、当時の国内でのメーカー希望小売価格はおそらく145,000円だったと思われます。
    2001年くらいには展示処分されてたようなので、2000年くらいの商品でしょう。

    先日のPAD以来、なんだか太くて固いケーブル病になっておりますので、そういう意味ではもう見た目的にも満足です。
    硬すぎてプリアンプにつないだ後、CDプレーヤーにXLRプラグを挿そうとしても思った向きになってくれず一苦労したほどです。
    現行の製品で言うとClear CygnusかRefrectionくらいの位置付けでしょうか。
    先日、現行品をヨドバシで見てきましたが、手が届くとしてもParsecくらいが精一杯ですから、中古は私にとってはありがたい存在です。
    ちなみにParsecはQUADLINKの後継です。

    古いケーブルだけに全体的に汚れや擦れはかなり目立っていて、特にプラグは綿棒5本使うくらい汚れていました。
    サンハヤトの接点復活剤や端子クリンの極細のが活躍してくれました。

    DP-77はこれまでAccuphase ASLC-10でつないでいましたが、それから比べると低域の充実度が圧倒的です。
    それでいて余韻の美しさはNeutral Referenceを思い出すもので、情報量が増えつつもキツさはないのが私にはハマります。
    気楽にBGM的にも聴けるし、しっかり耳を傾けると音楽のほうから勝手に溢れ出てくるように伝わってくるところが気に入りました。
    ASLC-10は新しいケーブルだけに繊細な情報量はありますが、比べてしまうとややかまぼこ型と感じるほどで、HEXLINKのほうがより骨太でありながら、息遣いなどはより明瞭に、ボーカルの息継ぎなど場面ではちょっと大げさかもしれませんが呼吸の量まで感じ取れるように感じるほどです。
    また、録音のS/Nがヘッドホン並みに分かるようになっているのも印象的でした。

    ボーカルや小編成の楽曲ではメインが目立ってそれ以外はただの伴奏として平坦で実体感が薄らぎがちですが、それぞれの楽器が音像としてのサイズだけではなく、しっかり質量まで再現されるようになりました。
    これでアナログにだいぶ追い付けた気がしますが、CDやSACDのソフト自体の音質まで改善してくれるわけではもちろんなく、それはむしろ古い録音をリマスタしてちょっと無理をして「原音」に近づけたようなソフトでは、とりわけ打楽器系を主体に歪みっぽくて演奏自体も乱雑に感じられるケースが目立つようになったというデメリットもあります。

    そこで試しに一度、Accuphase ASLC-10に戻してみましたが、これが同じ盤なのか?と思うほど違いがあります。
    ここまでナローレンジになってしまうのか!と愕然としつつも、やはりASLC-10のほうが現代的な美音感と言いますか、滑らかさを感じる部分はあります。
    クセも少ないのですけども、やっぱり一度HEXLINKを聴いてしまうと録音が新しいディスクでは物足りなさのほうが目立ってしまいます。
    おそらく低域を主体に帯域が広がったことで、録音の差、特に超低域の歪みが如実に出てしまうのだと推測しています。

    そういう意味では万能とは言えない面もありますが、そこは対策としてRCAにAccuphaseのSL-10をつないで、XLRとRCAをプリで選ぶ形にしました。
    当面はディスクによって聴きづらいなと感じるシーンがあれば、RCAに切り替えることで回避すれば良いでしょう。
    HEXLINKは相当古いケーブルですし、そもそも出物が多いものでもありませんが、今でもその性能はさすがで、録音を選ぶほどの実力があるというのは予想以上の収穫でありました。

    Filed under: Audio
    2017/12/02 12:00 pm | No Comments
  • 0112月

    SOULNOTEからプリメインアンプ「A-2」が12月下旬に発売されるそうで。

    お値段も50万ということでA-1の上位モデルとのことですが、E-2やE-1があることもあってか、フォノイコライザは装備せず、入力もRCA/XLRが各3系統、スピーカーも1系統、REC OUTやPRE OUTなどはないシンプル構成です。
    A-1同様、音量調整にリレーで固定抵抗を切り替える手法をバランス型で装備していてプリ部に凝ってるのかと思いきや、このボリュームやセレクタをバイパスするパワーアンプモードがあって、実はパワーアンプ重視っぽいです。

    そのパワー部はPc 100Wの4パラと大規模とは言えませんが、これで最大出力は100W+100W/8Ωとなっています。
    またパワーアンプモードではBTLやバイアンプモノラルなど多彩な使い方が用意されていて、BTLの場合は400W/8Ωとのこと。
    入力もXLR/RCAが選べるようです。

    ある意味、ソウルノートらしいストイックな設計に見えますが、プリ部がやや中途半端な印象はありますね。
    固定抵抗を切り替えるのは良いアイデアだと思いますが、リモコンへの対応のためかマイコンを積んでいますし、それ自体は別に悪いことではないですが、パワーアンプモードではマイコンをオフにしてピュア路線となると、プリがオマケのような雰囲気に感じる部分があります。
    それでいてフォノイコライザはないですから、プリ不要!という思想に近い考え方で捉えるべきなのかも。
    そもそもプリ部のゲインなどの情報もないので、そこら辺の細かいところは推測も入っていますけど。

    私の個人的な意見としては最近のフォノイコライザやA-1にお買い得感や拘りが感じられた分、このA-2はちょっと期待とは違ったようにも感じられました。
    プリメインアンプがこれ以上尖っていたら、受け入れてもらえないという側面もあるでしょうけどね。
    SOULNOTE自体、鈴木哲氏が設計から外れ、元々の体制とはちょっと変わっているようですけれど、ある意味、それが万人受けしやすい方向になっているところもあると思うので、今回もそうした流れの一環なのかな。
    ある種、往年のCECっぽさと通じる部分もあって、そういう意味でもなかなか面白いラインナップが揃ったなと思います。

    Filed under: Audio
    2017/12/01 12:00 pm | No Comments