• 1111月

    予定通り、Intelを離れて新しいCPU「M1」を搭載した「Mac mini」が11/17発売だそうで。

    MacBook Airなどノートブックのほうが話題ですし、詳細は各所でいろいろと報告されていますから、ここはあくまで私の雑感を書きなぐっておくことにします。
    私が最初に買ったMacはMacintosh Classicで当時のCPUは68000/8MHz、メモリは標準で1MBだったかと。
    その後しばらく離れ、次に買ったiBook G3はPowerPC/500MHz、IntelになったiMacは2006年11月にAppleが実施したStartMacでモニターでいただいたものです。
    Intelからでもすでに14年も経ったのですから、そりゃあCPUアーキテクチャも変わろうというものです。

    今回、M1になったことでCPUは最大3倍、GPUは最大6倍になったとのことですが、Appleのやや大げさなアピールはいつものこととしても、かなり高性能になったのは間違いないでしょう。
    M1自体にそれほどバリエーションがないようですので、コストパフォーマンスとしてはMac miniが高いのかなとも感じます。
    72,800円(税別)で8コア、GPUも強力なんてモデルはそもそもあまりないですからね。
    いつものようにマウスやキーボードが別売りなので、その点は差っ引いて考える必要はありますが。

    ざっと眺めて気になった点というと、消費電力が最大150Wと意外に大きいところでしょうか。
    2018年モデルでも150Wになってたようなので、それに比べれば変わらないみたいですけど、Late 2014あたりは85Wほどだったのでそのくらいになるのかなぁと。
    まぁ今メインで使っているMac Proは238Wですし、性能面でもこれに勝るくらいなのでしょうし、通常時はそんなに食わないと思いますけどね。

    またGPUも内蔵とはいいつつも、8コアと力が入っているのも少し驚きました。
    現状のmacOSではそこまでGPUパワーを使うアプリは多くないように感じますが、iOSではゲームも多いですし、16コアのNeural Engineも含めてアプリケーション開発のあり方も変化していくのでしょうか。

    あとはアプリ側の対応ですけど、とりあえずはmacOS Big Surの登場待ちでしょう。
    Rosetta 2でIntelベースのアプリがどのくらいの速度で動くのか次第ですが、PowerPCのRosettaの体感上からすると速くて1/2、遅いケースでは1/5くらいの速度かなと予想しますので、性能で3倍になっていてトントンくらいでしょうか。
    開発環境が整えば再コンパイルで対応できるのでしょうけど、拙作のMuteConもそんなに需要はないでしょうし、フリーソフトのために機材を買い揃える余裕もないですからねぇ。
    仕事で使うとなるとWebアプリ開発環境にするのがいちばんメリットは大きそうです。
    当然Windowsは動かないですし、メモリが最大でも16GBですから、画像処理などにはまだちょっと荷が重いかも。

    それ以外にもMac miniにはTouch ID(Face IDも)がないというのも今後どうするのか、気になりました。
    iOSアプリを動かす際にもそこは引っ掛かるはずですけど、パスワード入力とかで回避するんでしょうか?
    以前から噂はあったTouch ID装備のMagic Keyboardでも出ると解決するのでしょうけどね。

    なんだかんだ御託を並べつつも、うちはしばらく手を出す予定はないかな。
    古いMac miniを余らせてるので、そいつをSSDに換装するくらいが関の山でしょう。

    Filed under: Mac
    2020/11/11 3:00 pm | 脱IntelなMac mini はコメントを受け付けていません
  • 0611月

    HIFIMANから「HE400i」の後継モデル「HE400i 2020」が11/5日に発売されました。

    HE400iは私も愛用していますが、ドライバーはそのままにヘッドバンドを新設計のものに変更したモデルということのようです。
    ワイヤレス兼用のDEVAが好評ですから、そちらと部品の共有化をしたところもあるのかも。
    正直、強度面などでもちょっと頼りない部分があったヘッドバンドだったので、そこが改良されたのは良いことでしょうね。

    ただ重さ自体は370gで変化ありませんし、イヤーパッドもおそらく同じものだと思います。
    ケーブルも妙に固くて、そのわりにヘッドホン接続部が曲がりグセが付きやすいのですけど、そこも変化ないっぽいです。
    ちなみにうちは「Crystalline Silver Cable−6.35mm Plug」というEdition X V2付属と同じ(ヘッドホン側プラグを3.5mmに換装済)ものに変更してあります。

    お値段は当初のHE400iのお値段に戻ることなく、17,000円(税抜)前後のまま維持されている模様。
    そこからするとHIFIMANの平面磁界型ヘッドホン入門としては変わらず人気モデルになりそうな気がします。

    Filed under: Audio
    2020/11/06 3:30 pm | HIFIMAN HE400i 2020 はコメントを受け付けていません
  • 0411月

    Accuphaseからいつの間にかXLRケーブルのニューバージョン「ASLC-10B」が発売されていたようで。

    前モデルのASLC-10(と3mのASLC-30)は持っていますが、それのバージョンアップという形のようです。
    いちばんの違いはXLR端子がノイトリック製のAccuphaseロゴ入りのものに変更されている点です。
    C-3900もXLRはノイトリックになったようですし、ITT Cannonはもうやめたんでしょうか。

    ちなみにRCA版の「ASL-10B」というのもC-3900に付属するようですが、そもそもXLRのASLC-10Bも含めてまだ公式サイトには記載がないんですよねぇ。
    8芯のマルチハイブリッド構造とか7Nクラス高純度銅線+3種銅線、絶縁体の構成は変わっていませんが、導体抵抗は9mΩ/m(旧モデルは16mΩ/m)、静電容量は187.5pF/m(同:218pF/m)と変化しているので、プラグだけではないのかも。
    なおインダクタンスは0.51μH/m(同:500nH/m)で若干増えているようです。

    またお値段もASLC-10の35,000円から40,000円(税別)に値上げされています。
    以前は実売の値引き率も良かったので、実質的には結構な値上げ幅とも言えるでしょう。
    プラグが変わっただけじゃないのなら、もうちょっとしっかりアピールしたほうが良い気もしますけど…。

    個人的にはITTを使ってた時代のアキュフェーズ機を多用していますし、大半はACOUSTIC REVIVEのケーブルで統一しているから導入の予定はないでしょう。
    ASLC-10ですら、いざという時の予備のような形ですし…。

    なお、公式サイトでも注意書きがされていますが、同社の銘を語った偽物ケーブルも一部で出回っています。
    プラグにロゴを入れるのも良いですけど、ケーブルもシリアルナンバーで登録制にするなど、海賊版対策もやってくれると良いのかなとも感じました。

    Filed under: Audio
    2020/11/04 2:00 pm | Accuphase ASLC-10B はコメントを受け付けていません
  • 0211月

    SONYのBluetoothヘッドホン「MDR-1ABT」を導入してみました。

    その直前に有線バージョンのMDR-1Aを見つけていたんですが、我が家にはすでに15本ほどヘッドホンがありますし、それもいくつか整理してそこまで減らしていましたので見送ったのでした。
    ただワイヤレスの使用頻度はむしろ高くなっていますし、ワイヤレスに絞ればB&W P7 Wirelessとbeyerdynamic Aventho Wireless JP、それにMaster&Dynamic MW50の3本しかない(という感覚がすでにおかしい)ので、足してみても良いかなと。
    ちなみにMDR-1Aのほうはクマデジタルさんの記事をご参照くださいませ。

    少し前のモデルではありますが、LDACまで対応しているのはやはり上位機種らしさが感じられます。
    他の手持ちのワイヤレスヘッドフォン同様、ワイヤードでも使えるのも良さです。
    ただし、MDR-1A(こっちは3.5mm4極)とは違ってヘッドフォン側のリケーブル端子が3.5mm3極となっていますから、バランス接続にはできません。
    ワイヤレスモデルは大抵そうなっているのにはBluetoothチップ側の制約でもあるんでしょうかね。

    電波を扱う都合上、筐体はプラスチックですが質感はなかなか良いです。
    長年使っているとパッドが傷んでくるみたいですけど、今回のはデッドストックの新品だったので現状では全く痛みはありません。
    バッテリーも連続再生で最大30時間と、スタミナに不足はなさそうです。
    若干仕様の古さを感じるのは充電端子がmicroUSBなところくらいでしょうか。

    真っ先にファームウェアが更新されていないかチェックしてみましたが、そもそも一度も更新の配布はされていないようです。
    DSEEのオン・オフやイコライジングなどの設定も全くなく、SONYのiPhone用アプリも対応していない感じでした。

    LDAC対応のトランスミッターもありませんので、iPhoneとMac ProでAACでの使用となります。
    動画ではやや音声に遅れが感じられる傾向があるのはDSEEも影響しているのでしょうか。
    音は自然で長時間でも聴きやすそうし、同社のイヤホン「WF-1000X」と音の方向性は似ているようにも感じました。
    DSEEの影響なのか、若干ドンシャリといいますか、ボンシャカな部分はあるのですが、ほんの味付け程度なので気になることはないでしょう。
    Bluetoothでの接続が不安定になりがちなMac Proでは若干、音が途切れることがありますが、WF-1000Xのような不安定さはないのでじゅうぶん実用的です。
    音だけでいえばiPhoneのほうがずっと自然なのは、AACの再エンコードの仕方が違うのかもしれません。

    ここ最近はあんまりソニーのヘッドフォンを使った記憶がありませんが、なんとなく以前お借りしたKENWOOD KH-KZ3000に似ているかなぁという印象でした。
    MDR-1ABT自体、もうだいぶ前のモデルですから、また最近のは雰囲気が違うかもしれませんけど。

    これでヘッドフォンはまた16本に増えましたが、ワイヤレスではAventhoの出番がいちばん少なくなりそうかな。
    LDACも一度は試してみたいと思いますけど、それはそのうち対応DAPかトランスミッターでものんびり探してみようかと思っています。

    Filed under: Audio
    2020/11/02 2:00 pm | SONY MDR-1ABT はコメントを受け付けていません
  • 0111月

    PLATANUSから新しいMCカートリッジ「3.0S」が発売になったそうで。

    PLATANUSは助廣哲也氏のオリジナルブランドですが、最近の有名ブランド製カートリッジで彼の手によるものも多いと耳にしています。
    特に若手のカートリッジ職人さんとしては稀有な存在と言えるでしょう。

    今回の3.0Sは鉄心入りということで、空芯よりも力強さが期待できそうな気がします。
    マグネットもN45ネオジムが使われていて、通常のN35やN40に比べると最大エネルギー積が高くなっているみたいです。
    残留磁束密度や保磁力が大きいのは当然ですが、J-H減磁曲線の角型性が優れているので、コイルや外部からの磁界の変化の影響を受けにくく、発電の線形性も高くなるんじゃないかと予想されます。

    ちなみに従来モデルは「ネオジム」とだけ記載されていますし、あえてサマリウムコバルトを使うメーカーもありますね。
    サマリウムコバルトのメリットとしては耐熱性が高いようですが、音色的な意味合いもあるのかもしれません。

    また、PLATANUS 3.0のほうはコイルコアとヨークの位置も改良されてトレース能力も改善しているとのこと。
    カンチレバーはA2017アルミニウム合金のテーパー形状のもので、オーソドックスさを保ちつつも現代的な方向性の良さを上手くミックスさせているような気がします。
    筐体もA6063アルミニウム合金とA7075アルミニウム合金を使っていますから、自重は11.5gとわりと重いほうかもですが、2.0Sなどと比べたらだいぶ軽量化されています。
    針圧は標準2.0gなので、こちらは標準的です。

    お値段は税別35万円なので、かなりの高級カートリッジなのは間違いありませんが、ブームといいつつも作り手はどんどん減っている業界でもありますし、良いモデルをじっくり作り続けてもらえたらうれしいなと思います。

    Filed under: Audio
    2020/11/01 2:30 pm | PLATANUS 3.0S はコメントを受け付けていません
  • 2910月

    HIFIMANのトゥルーワイヤレスイヤホン「TWS800」が国内に近日発売予定だそうで。

    すでにTWS600が発売されていますが、アレはあまり評判がよろしくなかったので今回は汚名返上を目指しての本格参入かなと。
    Bluetoothの単体ヘッドホンアンプでは良くありますけど、Bluetoothチップと別にアンプを搭載しているとのこと。
    ヘッドホンなら格納するスペースも確保しやすいでしょうが、TWSでやっているのは各社、一部の上位モデルのみでしょう。

    またダイナミックドライバーもせっかくのアンプを活かせるよう、150Ωとハイインピーダンスのユニットを搭載しています。
    ワイヤードの高級モデル「RE2000」のようにトポロジー振動板搭載で、しっかりHIFIMANを名乗れる内容になっているようです。
    もちろん実際には音を聴いてみないとわからない部分はありますけどね。

    ケース併用でバッテリー容量を確保しているのは一般的なTWSと同じですが、本体のみで4.5時間、ケース込みで31.5時間はそこそこの容量でしょう。
    お値段は海外で299ドルなので、価格的には他社のハイエンドモデル並みにはなりそうです。

    あとはダブルフランジのイヤーピースが多めに付属しているくらいしか、仕様上の際立った部分はありませんけど、ヘッドホンはHIFIMANをいくつも愛用していますが、イヤホンはまだ使ったことがないので、少し気になる存在ではあります。
    ヘッドホンのDEVAもとても好評のようですし、できればまずは試聴できたら良いなと思います。

    Filed under: Audio
    2020/10/29 4:00 pm | HIFIMAN TWS800 はコメントを受け付けていません