• 264月

    最近、フィルムカメラに混じって、ジャンクかごにデジカメも
    良く見かけるようになってきました。

    むしろ、その加速度は増しているくらいで、まだまだ使えそうな
    デジカメも結構ジャンク扱いです。

    そんなジャンク扱いにされたペンタックスの「Optio 330」を
    持って歩いて、ちょっとテストしてきました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 43 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1100 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    メモリカードがコンパクトフラッシュなのが、若干時代を感じさせ
    ますが、それ以外は300万画素あって、まだまだブログ用などには
    十分です。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 77 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PENTAX Optio 330
    露出時間/絞り 1/400 秒 / F 2.6
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 7.6 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    発色もなかなかですし、AWBの精度も結構良かったです。
    あえていえば、レンズの繰り出しがちょっと遅くてレスポンスが
    今時のカメラとは違うことくらいかな。

    実画像サイズ 640 x 485 ( 79 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PENTAX Optio 330
    露出時間/絞り 1/400 秒 / F 2.6
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 7.6 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    趣味性や奇抜なところがないカメラだけに、安くなってしまうのは
    仕方ないところなのでしょうね。
    単3電池で使えるので、たまにぽつぽつと使ってあげたいと
    思っています。

    そういえば、最近のPENTAXのコンパクトって、あまり触ってない
    気がするので、今度チェックしてこようかなぁ。


    PENTAX Optio E50

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2008/04/26 9:59 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    おお、綺麗な発色ですね。これならば、十分、使えますね。

    中古のジャンクデジカメは、電池やメディアは付いていないことがほとんどだと思いますので、やはり、単三電池か単三充電池が使用可能なものが一番だと思います。勿論、これに加えて、SDカードかコンパクトフィラッシュですね。スメートメディアは今や持っていない人がほとんどでしょうから、入手に苦労すると思いますし。

    ちなみに、秋葉原ではジャンクのデジカメは、1000円か2000円のものを見かけますが、池袋のビックカメラのジャンクデジカメの方が安いような気がしています。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    動作がややのんびりしているのと、マクロに
    やや弱い点を除けば、まだまだ使えます。

    単3電池のものでも、昔のものはアルカリとかでは
    すぐに電池切れになってしまうものもありますね。
    ですから、ニッケル水素電池が必須かも。

    スマートメディアは今買うと高いですね。
    私は一応、64MBと32MBのものをキープしています。