• 309月

    かなり久しぶりに近所のジャンクコーナーでフィルムカメラをゲットしてきました。
    ミノルタの16mmカメラ「minolta-16 MG-S」です。

    他にもDemiやオートハーフ、Pen EEDなどがありましたが、それらを差し置いて、これだけゲットしてきました。
    動作のほうは何の問題もなく、革ケースやストラップも付属していました。
    ストロボや接写アダプタもあったようですが、そちらは残念ながらありませんでした。

    もう16mmフィルムは手に入らないですけど、35mmをカットして使うことも可能ではありますね。
    フィルムサイズは初期のミノルタ16よりは大きくなっていて、12x17mmだそうです。
    大きさとしてはフォーサーズに近い感じです。

    110も似たようなものだったと思いますが、カートリッジが装填できる構造なので、そこは良いですね。
    ただ、今回のにはカートリッジがないので、そこがちょっと問題ですね。

    Filed under: OurCamera
    2011/09/30 9:00 am | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • straysheep Says:

    ジャンクコーナーのカメラあさりも楽しいですね。私は、つい先程「Nikon F-501」のジャンク品をゲットしてきました。データバックMF-19付きで980円。F-301を持っているので、データバックだけでも生きてりゃいいやって感じで買って来ました。
    シャッター不良と言う話だったのですが、シャッターが切れなかった理由はフィルム感度設定を「DX」にしてあったため。マニュアル設定にしたら問題なく動作しまして、データバックも電池を交換したらきちんと動作。なので、旧いSIGMAの28-200mm付けて親父にあげる予定です。ただ、単三電池仕様でなく単四仕様だったのは誤算でした(F-501は単三仕様と単四仕様がありました)

    16mmフィルムって、シネカメラ用のフィルムも無いんですかね? もっとも、あったとしても長尺ロールだからカートリッジに詰める作業は必要でしょうけれど。

    フォーサーズのフォーマットに極めて近いのは「110フィルム」の方ですね。110フィルムは「17×13mm」で、フォーサーズは「17.3×13mm」と横が0.3mmしか違わない。ある意味、フォーサーズ用センサーを使えば、PENTAX AUTO110のフルサイズデジタル化も出来るんじゃないかと...。フランジバックはマイクロフォーサーズに近い気がしますし...。たしか、AUTO110が少しだけ長かったはず。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    うちはF-601が3台ほどありますが、このあたりの機種はほんとに良く見かけますね。
    単三が使えると言う点ではF4が気に入っています。

    ミノルタ16は一応、シングルパーフォレーションですから、映画用のスーパー16mmが使えそうです。
    パーフォレーションはなくてもOKらしいので、ブローニーや35mmから作るほうが調達はしやすいでしょうけれどね。

    110のレンズはマイクロフォーサーズで遊べて、なかなか良い感じのようです。
    ただ、レンズに絞りがないので、そこが難点ですね。

  • SKY ONE Says:

    35mmから作るより120から作った方が、127も同時に出来て一石二鳥

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    そうですね、面積が広いほうが加工もしやすいでしょうし。
    とはいえ、暗い中での作業なわけですから、簡単ではなさそうですけどね。

  • SKY ONE Says:

    ジャンクのホルガかなんかでカッターは作る必要がありますね

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    35mmカメラで作れば巻き戻してフィルムケースに格納しちゃう手もあるかもですね。
    その前に撮り終えてない35mmフィルムを撮るほうが先ですが。