• 151月

    久々に近所のカメラ店のジャンクコーナーでコンデジをゲットしてきました。
    今回は富士フイルムのコンデジ「FinePix F100fd」です。

    バッテリーはなく、店頭では動作確認できませんでしたが、部品取りでも良いなぁと買って帰りました。
    しかし、戻ってから電池を入れるとあっさり完動。
    何もすることなくて、逆に寂しいくらいですが、FinePix F60fdがお気に入りなので、その後継モデルが格安で手に入ったのはほんとにラッキーでした。

    FinePix F60fdとほぼ同じ1200万画素のスーパーCCDハニカムHRですが、個人的にはEXRよりもこれが好きなんです。
    レンズが28-140mmの5倍ズームになったので、描写はややF60fdのほうが良いかなぁという気もしますが、28mmスタートというのは使いやすくて良いかも。

    ただ、広角側はかなり歪曲があって、とりわけプレビューは相当派手な樽型です。
    撮影後に実際にメモリに残った絵はそこまでではないですが、デジタル補正が入ってるというのはちょっと残念ですね。
    とは言っても、1/1.6型のハニカム機はもうないですし、これは結構愛用しそうな雰囲気です。

    Filed under: OurCamera
    2012/01/15 9:00 am | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    ジャンクでありながら、良いものが手に入るのは
    ジャンク探しの醍醐味ですね。
    こちら札幌では、そういう良質な物は手に入れることができませんから、羨ましい。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    最近は出物がめっきり減りましたが、それでもたまには好みのものが出てきます。
    ちょっと調べた感じだと札幌市内はカメラ店が結構あるような印象ですけど、お値段はちょっと高めなのかな?
    良いお店が見つかると良いのですけどね。

  • とめ Says:

    札幌の古いカメラ店には掘り出し物はないです。
    もともとあるカメラ屋は、中古でも知識があるところばかりなので、ジャンク扱いになるものは、少ないです。

    HARD OFFは、ジャンクでも高い値段設定です。
    キタムラには、ジャンクは置いてません。
    以前は置いてあったのですが、クレーマーの執拗なクレームに
    嫌気がさして、置かなくなりました。
    ジャンクカメラの恩恵を受けていたのが、キタムラの500円カメラだったのに、残念です。
    中古機種は、それなりの値段設定で、掘り出し物は、稀です。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    需要が多いものはやっぱりそれなりのお値段になるという面もありますよね。
    キタムラさんは以前、ヤフオク出品業者さんにジャンクを売却してましたが、今もそうなのかな?
    あれも在庫管理が大変そうで、その割には利益が少ないから大変だと思います。
    地域密着型のリサイクルショップとかが狙い目かもしれませんね。