• 044月

    リサイクルショップでFinePixの二台セットというのが売られてたので、ゲットしてきてみました。
    その一台がこのFinePix 4900Zです。

    かなり古い機種で、どういうモデルだったか忘れてたので、その場でiPhoneでチラッと検索してみたところ、1/1.7インチと大きめの素子だったのでゲットした次第。
    240万画素CCDでスマートメディアというのが時代を感じますが、35-210mmのSUPER EBC FUJINONというスペックはなかなかです。
    当時は128000円もした高級機なんですけどねぇ。

    スマートメディアは16MBが付属していて、さらにバッテリー、充電用のACアダプタも付いていました。
    ジャンク扱いと念を押されましたが、動作は全く問題なしです。
    あえて言えば、付属のスマートメディアがエラーが出やすくなってるようで、これは手持ちの32MBに差し替えておきました。
    もう少し大きめの容量のを持ってたと思うんですが、どこにあるかなぁ。

    EVFもあるし、レンズも明るくて、この頃は技術はまだ未熟な部分も多いけど、しっかり作りこんであるなぁという印象です。
    スマートメディアの容量の少なさもフィルム感覚で撮れますし、何枚か予備のメディア(といっても16MBですが)を持って歩いてみようかな。

    Filed under: OurCamera
    2011/04/04 9:00 am | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • りんご@魔界 Says:

    初めてコメントさせて頂きます。
    6800Zを掘り出して来た身としては気になりましたので(笑
    4800Zとはまた熱い一台ですね。中古でも新品でも見た記憶がありません。
    WEBページで作例を見たことがありますが、6800Zと同じく良い写りをしていました。電池の持ちは今ひとつですが、何を差し引いてもスマメがネックですよね。バルク品が価格.comによると128MBで3,980円。ヤフオクなどでセット品を狙うのが良いかと思う反面、静電気に弱いメディアの特性を考えると二の足も踏みがちになり…

  • MacBS Says:

    りんご@魔界さん、コメントありがとうございます。

    スマートメディアも32MBに400万画素記録で18枚のようです。
    フィルムを詰めた感覚なら、まだまだ使えるかなぁと。
    個人的にはスマートメディアのトラブルには遭ったことがないので、あまり不安はないです。
    電池は同形状の京セラのを充電しておきました。
    まだ持ち出せていないんですが、近々試し撮りしたいと思っています。

  • とめ Says:

    スマートメディアのエラーは、端子部分を拭くと良いですよ。

    このシリーズ、いろんな種類もっています。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    以前はMP3プレーヤーでスマートメディアを使ってました。
    かなり小さいサイズにしても10曲そこそこしかはいらなかったなぁ。
    端子はたしかに面積が広いので、汚れやすいのかもしれませんね。