• 147月

    先日からデジカメのゲットが続いていますが、まとめゲットの最後はコニカミノルタの屈曲系コンパクト「DiMAGE Xg」です。

    2004年の発売ということで、もう6年くらい前になるんですね。
    当時は難しいと言われていた広角の屈曲系モデルも登場していますが、肝心のコニカミノルタはカメラから撤退してずいぶんになりました。

    当時の開発者について調べてみると、その後、Panasonicに移籍されて、GシリーズやGF1などを手がけていらっしゃるんですね。
    斬新なシステムを構築される方はどこに移っても、その技量を発揮されるんですねぇ。

    それはさておき、カメラのほうはレンズカバーが動かない状態でしたが、これは内部のレバーが外れていただけで、すぐに復活。
    バッテリーも付いていて、これまで持っていた同型のバッテリーはへたっているものが多かったんですが、これはまだまだ元気なものでした。

    画素数だけでいうと、かなり時代遅れなのでしょうが、テレマクロに強かったり、画質も定評があるものですから、まだまだ使ってあげたいと思いますが、なにぶん手持ちの在庫が多すぎかもしれませんねぇ。(^^;

    Filed under: OurCamera
    2010/07/14 9:00 am | DiMAGE Xg はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.