• 083月

    iPad HDなんて名前の噂もありましたが、Appleらしく素直にiPadの名前のまま、新しいモデルが登場しました。

    ただし、中身は噂通りのHDで、2048x1536pixelというデスクトップPCも顔負けの高解像度のRetina Displayを搭載しての登場です。
    うちのiMacなんて、1680x1050pixelですから、完全に負けていますね。
    開発時にエミュレータを動かしたら、画面からはみ出してしまいます。

    CPUはこれまた噂通り、A5Xプロセッサとなっています。
    最近はXの付いた型番が流行っていますね。
    気になるメモリ容量はまだハッキリわかりませんが、噂では1GB搭載なのではないかという説が流れています。
    確かにグラフィックを扱うためのメモリもRetinaで4倍ですから、このくらいは載せてくるかもしれませんね。
    うちの初代iPadは256MBですから、ぼちぼち苦しくなってくるかなぁ。
    iOSがバージョンアップできる間はまだなんとかなるとは思いますが。

    そんなiOSも5.1にバージョンアップしていて、こちらはiPhoneもいっしょです。
    むしろiPhoneのほうが機能アップは多いかな。

    iPhone 4SはSiriが日本語対応していて、あちこちで盛り上がってるようですね。
    私のは4(紗羅のは4S)なので、とりあえず関係ありませんが。
    また、主だったところでは、こんな修正がされています。

    ・フォトストリームから写真を削除可能に
    ・ロック画面からカメラ起動が常に可能に
    ・カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライト表示
    ・iPad用のカメラアプリを再設計
    ・au向けiPhone 4Sで「FaceTime」と「iMessage」の利用が可能に
    ・バッテリーの寿命に影響するバグを修正
    ・発信側の音声が途切れることがある問題を修正

    カメラのアイコンが通常のロック画面にも出ているのは新鮮です。
    単純なタップではなく、通知センターのように上にスライドして使うあたりも新しいUIですし。
    iPhone 4でのカメラの起動も、心なしか早くなったような気がします。

    また、これはiOSとは直接関係ありませんが、App Storeの変更により、3G回線でのアプリのダウンロード制限が20MBから50MBに緩和されたとのこと。
    先日の楽曲購入もそうですが、使う側にはどんどん便利になりますけど、通信事業者さんは大変でしょうねぇ。
    新しいiPadは4G LTEにも対応していますが、iPhoneからではなくiPadからスタートしたのは幸いだったかも。
    徐々に環境を整えて、来るiPhone 5までに多少の猶予期間ができますしね。

    そんなiPadは3/16発売だそうです。
    出張の翌日だから、銀座のApple Storeで見てくるのは無理ですねぇ。
    なお、iPad 2も併売されるそうで、お値段がちょっと安くなり、16GB Wi-Fi版が34800円、16GB Wi-Fi+3G版が45800円とのこと。
    これで初代や2代目の中古価格が下がれば、それはそれでうれしい方も多いかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2012/03/08 6:00 pm | RetinaなiPadとiOS 5.1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.