• 129月

    一旦はリビングに設置したものの、実質的に出番がなくなっていた27inch 5K iMacですが、ヤフオクも最近はトラブルが目立つので売却方法をいろいろ検討した結果、ラクウルを使ってみることにしました。

    ラクウルはソフマップが運営していて、商品を箱に詰めて送るだけで査定してくれる今どきな雰囲気の買い取りサービスです。
    Apple Storeも新しいMacを買い取る時に下取り価格が査定できたりしますが、えらく安いですから最初はあんまり期待せずに型番で検索してみたんですよね。
    「MF886J/A」の検索結果は現時点で79,000円となっています。

    他の中古取り扱い店舗よりやや高めですし、それだけでも十分買い取りしてもらう価値があるかなと。
    ちなみにポータブルオーディオ類は結構安めでしたし、据え置きオーディオはそもそも掲載があまりないですから、得意、不得意分野はあると思います。
    またブランド品や腕時計など結構品種は多彩ですし、箱を届けてもらってそれにいろいろ詰め合わせて送ることも可能なようです。
    もちろん、今風に送料はラクウル側が負担してくれますし、査定金額が気に入らなければ返品時の送料もかかりません。

    課題はiMacのデカさでして、化粧箱、外箱と収納した状態ですと170サイズになってしまいます。
    ラクウルは本来、以下のような但し書きがされています。

    集荷可能な箱サイズは、縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kg以内です。

    そこで事前に問い合わせしてみたのですが、買い取り品目にも挙げているくらいですので、回収できます、とのこと。
    ただ集荷の現地対応でサイズオーバーを指摘された場合には連絡すれば交渉してくれるというお返事で、安心して申し込みました。

    申し込んだのが9/7で、荷物が届きますとラクウルから到着のお知らせが届きます。
    メールでも届きますが、スマホアプリまで用意されているので、こちらを入れておくのが便利でしょう。
    9/9の到着で、査定もなんと翌日の夕方には出てきました。
    この辺りのスピード感もスゴいですね。

    金額も検索結果の満額(メモリが16GBの分と初回500円もプラスαで上乗せ)回答でしたので、即決で買い取りをお願いしました。
    するとこれまた速攻でウォレットにその金額がチャージされます。
    ラクウル独自のウォレットですが、そこから250円の手数料で銀行振込ができる仕組みです。
    なお、初回は本人確認が必要ですが、こちらもスマホアプリやWebから免許証などを事前に送っておけば、こちらも1日も掛からず本人確認をパスできます。
    さらに銀行振込も三菱UFJ銀行だったのもあると思いますけど、夜間でもこれまたすぐに振り込まれていてビックリ。

    この流れに慣れてしまうと、ヤフオクなどは手間が掛かり過ぎて面倒になってしまいますね。
    もちろん、出品前提でしっかり自分なりに清掃もしましたし、OSも再インストールして備品も揃っていたというのはあるでしょうけれど、査定が終わってしまえばクレームが入ることもないですし、評価や写真撮影なども不要なのはずいぶん負担が減るように感じました。
    品種や状態によって価格面での有利、不利はあると思いますが、とにかく手間を掛けずに余っている機材やブランド品を処分したい場合には検索くらいはしてみる価値は大いにあるサービスだと思います。

    Filed under: Mac
    2019/09/12 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.