• 262月

    OS X Mavericksのアップデート「10.9.2」が登場したので、早速更新しておきました。

    今回の更新内容は(公には)以下のとおりです。

    ・FaceTimeオーディオ通話の発着信機能を追加
    ・FaceTimeオーディオ通話およびビデオ通話での割込通話機能を追加
    ・iMessageの着信を送信者別にブロックする機能を追加
    ・“メール”の未開封メッセージ件数表示の正確性が向上
    ・”メール”で一部のプロバイダから新規メッセージが取得できない問題を修正
    ・Safariの自動入力の互換性を向上
    ・一部のMacでオーディオに歪みが生じる問題を修正
    ・SMB2によるファイルサーバ接続時の信頼性が向上
    ・VPN接続が解除される問題を修正
    ・“メール”とFinderのVoiceOverによる操作性が向上

    実際には先日、iOSで発覚したSSLの脆弱性にも対処しているようです。
    iOSは6と7に潜在してたみたいですが、OS Xは今のところ、10.9のみと考えておいて良いのかな?
    また、Safariでもメモリ絡みの脆弱性があったようで、こちらはSafari 6と7で更新が掛かっていて、10.9.2の場合はSafariの更新も含まれているとのことです。

    公式に挙がってる項目の中ではやっぱり「一部のMacでオーディオに歪みが生じる問題を修正」というのが気になります。
    特に大きく体感するほどではないですが、そう言われると歪みが減ってるような気分になりますね。
    以前からボリューム最大時にフルビット(最大音量)が入ると、なんとなく歪み感があるなぁと感じていたので、それが今回ので解消してたら良いなぁと思いますが、どうでしょうか。

    また、これに関連するのかどうかは不明ですが、Audirvana PlusのDirect Modeで再生開始・終了時にプチノイズが出がちなんですけど、これが多少減ったような…。
    まだきちんと確認できてないですし、MacやUSB-DACのハードウェアによっては出ないケースも多いみたいですけど、CoreAudio周りで結構大きな変更がなされているのかも。
    とりあえずAudirvana PlusのDirect Modeはちゃんと動いてくれているようなので一安心です。

    Filed under: Mac
    2014/02/26 7:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    とうとう10.6のセキュリティアップデートが打ち切られました。Appleからは何も行って来ませんけど。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    打ち切りのためもあって、Mavericksを無償提供したというのもあるんでしょうかね。
    うちも古いiMacがあるので他人事ではありません。
    さすがにそろそろ機種変更しないとダメかもしれませんね。