• 269月

    新進気鋭のOS「Moblin」というのが結構評判みたいなので、
    新しもの好きでMacにて試してみることにしました。

    といっても、本格的なインストールはちょっとこわいので、
    仮想PCでのお試しです。

    まずは、サイトからダウンロードするとimg形式のファイルです。
    結果的にはこのまま使えたようですが、最初それがわからず、
    dmgにコンバートしました。

    コンバートには「Converso」を使いましたが、これをやらなくても
    Parallels、VirtualBox、VMwareとも、ファイルフィルタを外して
    「すべてのファイル」から選べば、問題なくimgも利用できました。

    まずはいつも使っているParallelsで試しますが、インストーラは
    全く問題なく動作しました。

    Moblin CDブート画面
    Moblin CDブート画面 posted by (C)MacBS

    しかし、インストールが完了して、再起動後、OSをブートしようとすると
    最初の画面のまま、止まってしまいます。
    オプションを替えたり、開発版の2.1を入れたりと色々チャレンジ
    してみましたが、どれも似たような症状です。

    そこで、VirtualBoxに変更して試すことにしました。
    こちらはPC版で動作させていらっしゃる方もいらして、コツとしては
    「IO APIC」と「PAE/NX」を有効化する必要があるんだとか。

    しかし、これもインストーラでは良いもの、やはりOSの起動は
    できません。
    VMwareの体験版まで試しましたが、それすら同じ症状。
    こうなってくると、なにか大きなミスをしてるんだろうなぁ。

    Moblin自体は非常に高速な起動など、魅力あるOSのようですし、
    もう少し情報が出そろってから、また試してみようかなぁ。

    ちなみに、今回試してみて、VMwareも良さそうだなぁと思ってみたり。
    今度、BootCampのWindows 7も試してみようかと思っています。

    Vmware Fusion 2.0 Vmware Fusion 2.0

    by G-Tools

    Filed under: Mac
    2009/09/26 9:16 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • あみか Says:

    こんにちは。
    仮想環境でのMoblinですが動作するものと動作しないものがあるようです。
    本来はAtom専用設計なのでホストPCがCore2Duo系なら動くという事ですがちょっと微妙なようですね。
    ネットブックに入れるには最適で軽快によく動きます。
    初心者にも扱いやすいOSのようです。

  • MacBS Says:

    あみかさん、コメントありがとうございます。

    Atom専用でCPUの機能を引き出しているのでしょうね。
    うちはCore2Duoなので大丈夫かなぁと思いましたが、
    どうもうまくいかなかったようです。

    今度、BootCampして、Windows上の仮想PCで試してみたいと
    思います。