• 176月

    iTunesをソフトウェアアップデート経由で最新の9.2に更新してみました。

    今回はiPhone 4、そしてiOS 4への対応ということです。
    iOS 4になると同期中のバックアップが高速になるんだとか。
    たしかにこれまではこの作業がかなり遅くて、ついスキップしたくなるんですよねぇ。

    ちなみに、スキップさせたい時はバックアップ中にiTunesのメッセージ表示エリアのプログレスバー右端にある小さな×マークをクリックすればOK。
    一度だけ押せば、バックアップのみが中断されて、その後の同期に進みます。
    ただ、バックアップはiPhoneなどを復元する際にも重要ですから、できれば待った方が良いですけどね。

    あと、楽曲のアートワークが高速になったんだとか。
    その影響なのか、最初の起動時にiTunesライブラリのアップデートがかかり、2分くらい待たされました。
    さらに、iPhoneと同期したら曲が再同期されたので、iTunes上でアートワークに手を加えるようになったのかもしれません。

    あとはアプリケーションの表記がAppになったくらいのようですが、来るべきiOS 4を楽しみに待ちたいと思います。

    Filed under: Mac
    2010/06/17 11:05 am | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    なんかアートワークのサムネイル作ったりしてますねぇ
    DL時間は変わらないけどインストールは時間が長くなってません?

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    アートワークって結構デカい写真が入ってたり、JPEGだけでなくBMPやPNGもOKだったので、そこを整理したんでしょうね。
    インストール時間は先日のMac OS Xが遅かったので、iTunesは気になりませんでした。

  • SKY ONE Says:

    プロパティでジャンルを選択しても有効になりませんねぇ
    BUGですかねぇ

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    プロパティって、どこのことでしょう?
    iTunesですと、リスト表示や「情報を見る」ではどちらもジャンルはちゃんと表示されています。
    リストの項目表示・非表示も問題ないようです。

    あ、Mac版だからなのかな?

  • SKY ONE Says:

    新しく曲を追加して、タグを編集するためプロパティを開いて
    そこでジャンルをブルダウンで選択しても反映されません

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    Windowsのほうで試しましたが、確かにプルダウンから選択できませんね。
    ただ、キーボードから手入力したら選択可能です。