• 043月

    故障したHPのプリンタに代わって、brotherのプリンタ複合機「DCP-J577N」を導入しました。

    以前も候補は調べてあってコレかFAX付きモデル、あるいはEPSON辺りかなぁと思っていましたが、急な故障でもありましたし、ヨドバシ・ドット・コムですぐに調達できるという点、価格面、Wi-Fiが使えるところなどでチョイスしました。
    ヨドバシ・ドット・コムは相変わらず大きな製品は元箱そのものに伝票を貼り付けて発送してきますねぇ。

    中身は特に問題なくキレイでして、大きさもHPとさほど変わらないA4サイズ機です。
    インクはスターターインクというのが付属し、最初はコレをセットしないと使えないという妙な縛りがあります。

    ちなみに以後は黒インク2本で2千円弱、カラーも揃った4色パックは4千円弱です。
    コレ、カラーは3色パックで良い気もするんですけどねぇ。
    印字コストはカラーインク1本でA4カラーが500枚、黒は375枚印刷できそうです。
    スターターインクはおそらくこの半分くらいだと思っておいたほうが良いでしょうから、早めにインクを調達する必要がありそうです。

    プリンタも新しくなったので写真印刷も一応できるようになりました(HPは色が…)が、コストはL判で18.7円ですからお店でプリントするのとそう変わらないですからねぇ。
    品質を確認するのに一度試してみようとは思いますが、写真用紙はどこにしまったかなぁ。

    便利が良くなった点としては用紙がトレイに2段セットできて本体内に収納されるところでしょう。
    枚数は少なめですが、Wi-Fiから印刷できるのでパソコンを選ばないのも良いところです。

    初期設定もタッチパネルで親切なものですが、初期セットアップに8分ほどかかるのでそれなりに時間に余裕がある時が良いでしょう。
    Wi-FiはWPSでやろうとしましたが、うちのルータだとうまく行かず手動で入力しました。
    ちなみに2.4MHz帯しか対応していないようです。

    動作音はHPに比べれば静かですが、まぁそれなりです。
    カラー印刷はやや遅いですけども、印字品質は新しいこともあるとは思いますが、ずいぶんキレイに感じます。
    まぁHPがかなりアメリカンな雰囲気でしたからねぇ。
    欠点としてはMac用のアプリやプリンタ本体にはコピー機能はなさそうなので、一旦スキャンして印刷する必要があるところでしょうか。
    iPhoneアプリにはコピーがあるので技術的にはできるはずなのですけどね。
    スキャナの質はモアレが出やすく、あまり良いとは言えない気がしました。

    他にも手差し給紙は本体の後ろ側だったり、電源ケーブルが妙なところから直に生えていたりと微妙に想定外の部分もありますが、印字コストも含めてそこそこなので良いほうでしょう。
    HPと同じくらい保ってくれるかどうかは未知数ですけれども、意外とまだまだ重要な役割なので末永く活躍してくれることを願っています。

    Filed under: Mac
    2019/03/04 12:00 pm | brother DCP-J577N はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.