• 296月

    先日公開したばかりのMac OS X 10.4.10のポップノイズ回避
    ユーティリティ「AvoidNoise」ですが、思った以上の反響を
    いただいてるようで、恐縮しております。

    で、早速、クマデジタルさんから動作報告をいただきましたので、
    少々、修正させていただきました。(^^;

    メモリの解放処理にもれがありましたので、修正いたしました。
    また、サウンド用のメモリ確保もなくして、10秒おきに一瞬の音声を
    鳴らすのみとなりました。
    これで、通常動作時のメモリ消費も減ったはずです。

    また、無音の音声を再生する前後で、ごく小さなパルスノイズが
    出てしまうようです。
    現在、回避方法は調査中ですが、まだうまくいきません。

    とりあえず、音声の長さを極小にしましたので、開始時と終了時に
    2回、小さくノイズが出ていたのが、1回になったかと。(^^;

    ノイズの問題は今後も調査を続けたいと思いますが、とりあえず
    現状は1.01をお試しいただければ幸いです。

    今回も、なにぶん引っ越し先探しなどで、バタバタと修正しましたので、
    思わぬ不具合があるかもしれません。
    その際は、コメント等でご連絡いただければ幸いです。

    Filed under: Mac
    2007/06/29 11:29 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Kumadigital Says:

    修正速っ!
    …しかし、パルスノイズは2回出ますね。残念ながら。
    XCodeには疎いので勘違いなことを言ってしまうかも知れませんが、
    もう周期動作はやめて、いっそ「プロセスの優先度を低めにして
    連続的に無音を出力する」とかはどうでしょう?
    (これだとCPU使っちゃいますかね…?CPUを消費するのはヤだなぁ…。)
    あと波形の指定ができるなら、無音を矩形波ではなく正弦波にして
    みるとか、周波数が指定できるなら、聞こえないはずの20kHzあた
    りにしてみるとか。逆に5Hzくらいにしてみるとか。
    メモリリークは長時間使った後、改めて報告させていただきます。
    引越前で体調崩されてもアレですから、ご自愛下さい。

  • MacBS Says:

    Kumadigitalさん、コメントありがとうございます。

    やっぱりパルスノイズは2回出ますか…。

    連続再生だと、うちのiMacでCPUを1%以下くらい食いますね。

    波形の指定はできますが、どうやら波形そのものとは
    無関係にノイズが入るようです。
    サウンドチャンネルの生成、破棄時に出てるようです。

    あとは非同期で再生してみるとか、音声の再生手法を
    変更するしかないかと思っています。

    なにぶん時間が限られますもので、場合によっては
    ソースを公開して、公開Q&Aで解決しようかなぁ。(^^;
    今しばらくは現バージョンでお試しくださいませ。