• 097月

    Mac用の高音質プレーヤーアプリ「Audirvana Plus」のダイレクトモード対応ベータ版が1.3.9.4にアップデートされていたので、早速更新して試してみました。

    ただ、なにしろベータ版ですから、正式版を置き換えるのは怖いので、アプリの名前を変えて併用させています。
    案の定、うちの環境ではDirect Modeがオンだと再生できないという問題が。
    hiFaceはInteger Modeには非対応ですが、Direct Modeのみなら問題ないはずなんですけどねぇ。
    アプリがハングするわけではなく、再生ボタンを押しても0秒のまま進まないという状態です。

    Direct Modeをオフにしてアプリを再起動すれば問題なく動きますけど、それだとベータ版のメリットがないんですよね。
    そもそもhiFaceはあまい意味がないとは思いますけど、やっぱりちょっと試してみたいというのが本音です。
    ということで、USB-DDCをhiFaceからTEACのUD-H01のほうに切り替えてみると、こっちは問題なしです。
    しかもちゃんとInteger Modeで動いてくれていますね。
    音質的にもこれまでイマイチと感じていたUD-H01のUSB-DDC部分も広がりのあるものになり、hiFaceより良い部分も出てきたかも。

    なお、本来のAudirvana Plusのほうの変更点は以下の通りです。

    ・Audiophilleo2の互換性向上とバグフィックス
    ・iTunes内の再生回数と日付を更新するように
    ・再生しているオーディオデバイスを抜いた時にクラッシュする可能性があるのを修正
    ・オリジナルファイルへの壊れたリンクを持ったプロキシファイルをロードする場合の問題を修正

    まだまだベータ版が続くようですが、Direct Modeの魅力を知ってしまうとUSB-DDCの構成を見なおさないとなぁ。
    hiFace TWOあたりも気になりますが、しばらくはUD-H01直結と初代hiFaceを併用してみようかと思います。

    Filed under: Mac
    2012/07/09 7:00 pm | Audirvana Plus Beta 1.3.9.4 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.