• 224月

    このところ、パソコン周りのオーディオ機器が気になってるんですが、そんな中、Apogeeから「Duet 2」という新しいUSBオーディオインターフェースが出るようで。

    アポジーというと、その昔、とんでもない低インピーダンスのリボンスピーカーを出してたところと同じなのかな?
    チェロのアンプとか、あの時代はすごいオーディオ機器がいっぱいだったなぁ。

    そんな年寄りの感傷はともかく、Duet 2は名前のとおり、Duetの後継モデルのようです。
    FireWireだったDuetですが、Duet 2はUSB2.0に変更されています。
    音質的にはFireWireのほうが良い部分もあるのかもしれませんが、すでにFireWireを搭載していないMacも多いですからねぇ。
    サンプルレートも最大192kHzになっていたり、トップパネルはフルカラーOLEDディスプレイがあったりと、現代的になっているようえすね。

    旧モデルのDuetもとりあえずは併売されるようで、お値段も少し下がったようなので、FireWire搭載機をお使いなら、これも良いかも。
    それなりに高価な機材ではありますが、なかなか良い感じだなぁと思います。

    Filed under: Mac
    2011/04/22 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • corkboy Says:

    初めまして。
    最近はずっとLeica M8を使っているものです。
    そしてCompter AudioはRME FF400の音が好みです(^^)

    Apogee Duetですが少なくても米国では
    Duet2が$100高いです。しかも$600となると微妙?
    同じApogeeでも Duetta Signatureは別会社だと記憶しています。

  • MacBS Says:

    corkboyさん、コメントありがとうございます。

    RME、私にはBabyfaceがせいいっぱいだと思いますが、音質面ではFireWireのほうが有利なのかもしれませんね。
    国内では46000円と60000円くらいのようです。

    アポジーでもこちらはアポジーエレクトロニクスで、スピーカーのアポジーアコースティックとは違う会社なんですね。
    あのスピーカーの低インピーダンスと強力な磁石は今でも印象に残っています。