• 156月

    以前、「機械のコトバ」という本を紹介したエントリーでも書いた
    エンディアン変換ですが、PC Watchの記事でIntel Macにからむ
    解説が載っていました。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0615/kaigai190.htm

    PowerPCはビッグエンディアン、Intel CPUは現状、リトルエンディアンなわけで
    変換には結構なオーバーヘッドが生じるわけですが、もしかすると製品化までに
    このエンディアン変換をCPU側で簡易サポートする可能性について
    書かれています。

    確かにアーキテクチャそのものを一新するのは不可能でしょうけど、
    この程度の命令を用意するのは、それほど大変ではないでしょうね。

    ただ、Virtual PCはG5の時点で、このエンディアン変換をソフトウェアで
    実施してるわけですが、G4に比べても大きな速度低下はなかったようですから、
    コーディング次第とは言えるのでしょうけれど。

    ちなみに、PS3に採用されるCellには同様の機能が追加されるんだとか。
    こちらも性能差はあるとはいえ、PSやPS2のCPUをエミュレートしなければ
    いけないわけで、結構大変な処理になりそうです。

    Filed under: Mac
    2005/06/15 4:16 pm | エンディアン変換 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.