• 266月

    リサイクルショップのワゴンセールにカセットテープを追加で買いに行ったんですが、そちらはすでに売り切れていて、代わりにぜんぜん違う「X線防御用バッグ」をゲットしてきました。

    すっかりフィルムの出番が少なくなっていて、空港のX線検査でもフィルムに関する記載をあまり見かけない気もしますが、いざ買うと結構高いんですよね。
    すでに手持ちのもあったはずですが、まあ何個あっても良いでしょう。
    ISO800までということですが、実際にはこれに入れたままだと検査で引っかかって取り出すように言われそうな気もしますけどね。

    出張や旅行に行く際に思い切ってフィルムカメラのみにしてみる、というのはいつも考えるんですが、やはりちょっと厳しいかなぁ。
    フィルムスキャンが面倒なせいなのか、理由は自分でもよく分からないんですが。
    ただ、最近はフィルムカメラの新たな出物も少なくなっていますし、手持ちのカメラを活用したほうがよっぽど新鮮味があるという状況かも。
    つい小さなカメラからチョイスしがちですが、マニュアル一眼あたりを引っ張りだして持ち歩くのも良いかもしれません。
    ただし、カバンにもすっきりと入りやすいPEN FTとかOM-4とかのコンパクトなボディが良さそう、と思ってしまうあたりは以前と比べて軟弱になったなぁと痛感します。

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2012/06/26 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    最近NikonF2を手に入れてからは、フィルムカメラも持ち歩いています。デジタルも持って歩きますけど、
    フィルムの場合は、一枚一枚が大事になってきます。
    自分の感性と出来たものへの相違があるかどうか。

    デジタルの場合は、枚数撮れば、いいのがあるぐらいの
    感覚です。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    大事にフィルムで撮るという、あのリズムは良いものですよね。
    デジタルの良さもありますけど、デジタルしか知らない世代にはぜひ一度体験してみてもらいたいなぁと思います。