• 147月

    (7/16 22:10修正)
    本の内容がVol.5と間違えてしまっていたので、修正してお詫びいたします。

    いまや貴重な存在になりつつある銀塩カメラのムック「カメラ・ライフ」の新刊、Vol.6が7/16に発売になるそうで。

    今回の特集は「スクエアカメラ大集合」「折りたたみカメラ」です。
    定番は中判が多いですが、ほかにもSX-70とかもほぼそうですし、35mmフィルムを使う機種も結構ありますね。

    Vol.5の特集の「スクエアカメラ」だと、TAXONAやTENAXあたりは一度試してみたい気もしますが、結構なお値段ですしねぇ。

    テレフォンカードなどを使って、なんちゃってスクエアという手もありますが、できたらフィルム送りを縮めたい気もします。
    そうなるとTRIP35あたりが改造のベースには良いのかも。

    また、Vol.5ではローライ35の特集もありました。
    うちにもあるのだけど、巻き上げのギアが壊れてるんだよなぁ。
    そっか、このギアを自作してスクエアなローライ35を作っちゃうのも面白いかもしれませんね。

    Vol.6では八重山の特集やCONTAX Gシリーズなど、また素敵な内容になってるようです。
    発売間際あたりでは前号が残ってることもあるので、ご注意くださいませ。(^^;

    Filed under: FilmPhoto
    2010/07/14 1:00 pm | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    TAXONAは、殆どパンフォーカスで使えばPEN見たいに
    気楽に取れるから
    最近使ってないなぁ

  • Ryu Says:

    わたしはpen,24×24を持ってます!送りもちゃんと出来てますよ!
    次回これも製造しようかと,,

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    TAXONA、良いですよね。
    マミヤスケッチも使ってみたいですが、あっちはさらにレアのようですし。

    デジカメも切り取りのスクエアじゃなく、スクエア専用機なんてのが出たら面白いんですけどねぇ。
    ベイヤーに依存しないモノクロとかもあったら良いなぁと思うのですが。

  • MacBS Says:

    Ryuさん、コメントありがとうございます。

    スクエアなペンは著書で拝見させていただきました。
    あの加工はちょっと私のような素人工作では無理そうですね。

    あと、ハーフでも現像所泣かせですから、スクエアの場合は
    現像に出すときに注意が必要そうですね。

  • SKY ONE Says:

    24×24だと現像してくれても切ってくれないでしょうからねぇ

    でも、35、ハーフ混在よりはましですねぇ(笑)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    AUTOREXだと混在可能ですね。
    ただ、ハーフからフルへは切り替え後に巻き上げないと、コマがかぶっちゃうあたりが、のどかな感じですが。

    ちなみに途中巻き戻しでハーフに詰め替えたことはありますが、
    それはちゃんとお店で対処してくれました。