• 151月

    SONYから「裏面照射型CMOSイメージセンサー」を初めて採用した
    ビデオカメラ「HDR-XR520V」が2月に発売されるそうで。
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090115/sony1.htm


    SONY HDR-XR520V +バッグ・三脚+液晶保護フィルムセット
    《2月20日登場》

    裏面照射は高感度時のノイズ耐性が有利ということで、従来比2倍
    くらいの性能があるようです。
    徐々にスチルのほうにもやってくるでしょうが、この素子はこれまでの
    デジタル素子の常識を変える可能性を秘めているでしょうね。

    このカメラの魅力はそれだけでなく、レンズにも工夫がされている
    点でしょう。

    絞り羽根を従来の2枚から6枚に増やしてあって、ボケがキレイに
    なってるとのこと。
    光学的な部分にこだわったビデオカメラって、意外と少ないんですよね。

    私がずっと前に愛用していたCanonの8mmビデオカメラ「LX-1」は
    VLマウントというレンズ交換式だったので、そういう意味では今でも
    魅力的だったなぁと思い出します。

    本体だけでも30万円近かったですが、EOSレンズも使えて、結構
    重宝してました。

    発売が1991年ですから、もう15年以上経ったのですね。
    EOSは相変わらず同じマウントなわけで、そういう意味では
    スチルカメラはやっぱり寿命の長い設計だと感じます。

    うちのビデオカメラはその後、PanasonicのDVカメラ「NV-DJ100」で
    止まってますから、テレビを買い換えた後はビデオもあると面白いかも。

    まぁ、スチルですら腕が付いていかないですから、ムービーは撮るだけで
    編集もせずに放置になっちゃいそうですけどねぇ。(^^;

    Filed under: Electronics
    2009/01/15 7:32 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。クマデジタルさんのところへコメントして来ました。

    昔は3枚絞りでしたからね~。あれは驚きました。

    まあムービーでしたら
    1.画面を斜めにしない
    2.パンするならゆっくり廻す
    3.ズームばっかり多用しない
    4.ピントは直ぐに合わせる
    等に注意すれば大丈夫ですよ。実行されていたと思いますが。

    あとは広角からのズームレンズでしょうか。全体を俯瞰するのは風景
    でもファミリーの集合映像でも必須だと思います。ここぞと思う場所は
    寄った映像をいれればOKですしね。

    ファミリーの映像で撮影しながら演出できたら面白いだろうなと、今
    思いつきました。”カット!”とか言うと泣いていた赤ん坊がぴったり
    泣き止む。”次のテイクスタート”で又泣き始めるとか・・・。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    ムービーでは、高速で連続的に絞りを操作する必要がありますし、
    その関係で、多少の「手抜き」をする必要があったのかもしれませんね。

    ムービーを撮っていた時は、とにかく思うよりも長めに
    カットを押さえるように心がけていました。

    あと、カメラをむやみにパンしないようにしないと、
    見る時に酔っちゃうんですよね。(笑)

    SONYのニューモデルは、広角が弱いなぁとは感じていました。
    そのあたりはワイコンで対応するしかないのかな。

    動画は編集が肝だとは思うのですが、結局面倒で
    そのまま「撮りっぱなし」になっちゃうことが多いのが難点です。

    今はiMovieがあるし、DVや8mmと違って、取り込みに時間がかからないのも
    良いかもしれませんね。

  • shigechan Says:

    お早うございます。

    3枚と申し上げましたが、記憶をたぐると二等辺三角形だったようにも
    思いますので、羽根は2枚の三角形だったかも知れません。

    広角寄りのレンズを載せないのは、直径が大きくなるからでしょうね。
    何十倍なんて言う望遠ズームよりも、もう一息広角へ寄せて貰った方が
    ずっとうれしいし実用的だと思うんですがね~。
    せめてまともなワイコンを用意して貰いたいですね。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    2枚でも、確かに三角形っぽいボケになりますね。
    素子が小さいので、被写界深度は比較的浅いですが、
    それでもこだわってくれるのは、うれしいことです。

    なるほど、広角は確かに口径が大きくなりますね。
    望遠のほうがセールストークとしては○○倍とかで
    訴求しやすいのでしょうねぇ。

    ビデオはデジタル一眼でも撮れるようになってきていますし、
    そちらのほうがこだわり派には面白いのかもしれません。