• 1511月

    リコーから高倍率ズームコンパクトCXシリーズの後継モデル「CX6」が発表になったようで。

    基本的にはCX5のマイナーチェンジで、約123万ドットのホワイト画素の入った3型液晶とかブリーチバイパスなどのエフェクトが追加されています。
    あと、絞り優先とシャッター速度優先が追加になったようです。
    ただ、絞りは開放と小絞りの2段階のみとのことで、小さな素子と合わせて、使いどころはあまり多くなさそうな気もします。

    あとは望遠域で周辺画像をモニター右下にインポーズ表示する「ズームアシストモニター」という機能もあるんだとか。
    これ、レンズは一つなわけで、どうやって実現してるんでしょう?
    ズーム途中でキャプチャされたものを使っているのか、それとも別の固定焦点の撮像素子が用意されているのかな?
    Webサイトを見ると、インポーズ画像はモノクロっぽいので、後者かもしれません。

    先日のPXはその後ずいぶん値段が下がったのですが、CXはまだまだ人気が高いので、そこまでは落ちないかな。
    ただ、CX5はこの発表で下がってくるかも。
    個人的にはRAWに対応してくれると良いなぁと思うのですが、そこはGXRあたりとの差別化で厳しいのかもしれません。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/11/15 7:10 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    P10の後継ユニットも出るんですかね?

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    レンズや撮像素子に大きな変更がないですし、後継はまだ出ないのではないでしょうか。
    そもそもGXRの新しいユニットが出るかどうかもちょっと怪しいかも。
    ボディを更新する可能性があれば、ユニットもリニューアルされる確率が高くなりそうですけどね。