• 179月

    FUJIFILMから高級コンデジ「XF1」が海外発表されたようで。

    フォトキナ2012が開催ということで、現地のタクシーにそれらしいフォルムが載ってる写真などが出回っていましたから、発表ももうすぐだろうなぁと思っていたところです。
    国内での発売はまだ未発表のようですが、アメリカでは10月に発売予定とのことで、お値段は499.95ドル前後だそうです。

    X10の後継というわけではなく、どうも兄弟機みたいな感じっぽいですね。
    X10は28-112mm相当F2-2.8でしたが、XF1は25-100mm相当F1.8-4.9と、少し広角寄りになっています。
    広角側は明るくなっていますけど、X10のほうがレンズは優秀そうな予感です。

    そして(少なくとも私にとっては)決定的な弱点がRAW記録に対応していない、というところです。
    カメラまかせのトーンというのはどうもあまり好みではなくて、それなりの高級コンデジになると、やっぱりRAWで撮りたくなっちゃうんですよねぇ。
    もちろん、X10と比べればお値段も違いますし、コンパクトさが売りでもあるのでしょうけれど。

    海外の公式サイトを再確認したら、RAWに対応しているとのことです。
    とりあえず、これで私の候補から外れることはなさそうです。

    ということで、私にとってはX10の値下がりに期待という感じですが、独特のレンズ繰り出しギミックなどには興味があるので、店頭に並んだら触ってみたいところです。
    その前に国内発表がないとダメですけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/09/17 7:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • こじろう Says:

    RAW記録に対応しているようですよ。

  • MacBS Says:

    こじろうさん、コメントありがとうございます。

    ご指摘、大変ありがとうございます。
    海外の公式サイトもチェックしたつもりだったのですが、変更でも入ったのかなぁ。

    この価格帯だとやっぱりRAW対応は必須ですよね。
    そもそも低価格機でも付けてくれたら良いのに・・・と思うのですが、そこは本体のメモリ搭載量や処理速度の問題もあるんでしょうね。