• 216月

    COSINAからマイクロフォーサーズ用の中望遠レンズ「NOKTON 42.5mm F0.95」が8月発売予定だそうで。

    このところ、COSINAさんはマイクロフォーサーズに注力してる感じで、25mm、17.5mmに次ぐF0.95シリーズになります。
    許容錯乱円を考慮しなくても35mm換算で85mm F1.9相当ということになるわけで、結構使いやすいかも。
    お値段は実売価格で10万円前後のようなので手軽ではないんですけどね。

    また、最近の撮影スタイルにも対応させるべく、最短撮影距離を0.23mと短くしてありますし、動画を考慮して絞りのクリックをオン・オフできる機構も装備してるんだとか。
    ただし相変わらずAFには対応しないわけで、さすがにそろそろ…という気もしないではないですね。
    私などはMFのほうがフィーリング的に好きなくらいですけど、それならマウントアダプタでオールドレンズを使っても良い、とも思えてしまうわけで…。

    あと、マイクロフォーサーズだけでNEXやFUJIFILM Xマウントにも対応してこないのも少し寂しいですね。
    どうせMFで行くのであれば昔のタムロンのアダプトールみたいにマウント部分を交換して対応できるような仕掛けとかで差別化していくのも良いんじゃないかなぁと勝手に思ってみたりします。

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/06/21 7:00 pm | NOKTON 42.5mm F0.95 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.