• 104月

    私が気になっているPENTAXのK20DとオリンパスのE-3が、ともにファームウェアを
    更新してきました。

    E-3のほうはAFのレスポンスや苦手な被写体への対応などとのこと。


    【送料無料!】《中古良上品》OLYMPUS E-3

    後継機の噂もありますが、マイクロフォーサーズも出さなきゃいけないし、
    順番的にはまだもう少し先になるのかなぁ。
    それにしても、フラグシップがこの価格で手に入るのは、安いなぁと思います。

    ペンタックスのK20Dのほうは、手ぶれ補正のアルゴリズム改良だそうです。


    【送料無料!】《中古美品》PENTAX K20D

    こちらもずいぶん安くなりました。
    アダプタ経由のレンズでも手ぶれ補正が効くし、Kマウントはいっぱいありますから
    試してみたいんですよね。

    それにしても、総じて、手ぶれ補正内蔵ボディの人気は、いまひとつなんでしょうか?
    どれもスタートは華やかながら、どうも後半、息切れしてくる感じです。

    画素数競争ばかり激しくて、手ぶれによる劣化には意外と尊いのかなぁ。
    本体に手ぶれ補正を搭載しないNikonとCanonが強いというのは、ブランド力も
    さることながら、セールス上のコスト配分がうまい、とも言えるのでしょうね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/04/10 12:40 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    E-3ファームUPしました
    はっぽらかしてたので、日付設定もリセットされてました

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    E-3をほっぽらかしなんて、もったいないです。
    といいつつ、私もたくさんのカメラで手が回りませんが。(^^;