• 182月

    ペンタックスのデジタル一眼レフ「K-7」のファームウェアが1.03に
    アップデートされたようで。

    今回のアップデート項目は以下の通りです。

    ・レンズ補正機能を下記レンズで設定可能に
      smc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited
      smc PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited
      smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited
    ・縦位置判定のプログラムを最適化し使い勝手を向上
    ・一部のSDHCメモリーカードにおいて、動画記録時の安定性を向上

    Limitedレンズで補正が効くようになったのは、うれしいユーザーさんも
    多いのではないかと。


    【送料無料!】《新品》PENTAX(ペンタックス) FA43mm F1.9 Limited シルバー

    こういう改良も含め、K-7は堅実な感じがして良いですね。
    価格的にも他メーカーの中級機とくらべると安い感じですし。

    645Dも登場するみたいですし、PENTAXの復調は、大してユーザーと
    呼べる貢献はしていない私ですが、なんとなくうれしい気分です。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/02/18 12:04 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    ペンタックスはまじめで良いカメラですよ
    お買い得です
    でもちょっと華がないですかね

    645あのままですかねぇ、あまりにもそのままですねぇ
    どうせならデジバケペンの方が面白いのになぁ

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    私も以前、*ist DSを使っていましたが、堅実で良いカメラでした。
    K-7も欲しいんですけどねぇ。

    645に関してはライバルはLeica S2やハッセル、マミヤあたりでしょうか。
    初号機が売れれば、レンズ互換を持たせて、いろいろな形態で出してくるかもしれませんね。

  • cardamom Says:

    こんばんは。

    FA43はメインのレンズなので、これは嬉しいですねえ。

    FA77はちょっとパープルフリンジが目立つらしいんですが、これで解消するようなら欲しいですねえ・・・。しかし高い・・・(T-T)

  • MacBS Says:

    cardamomさん、コメントありがとうございます。

    FA43をお持ちなんですね!
    Limitedレンズの質感は他メーカーも見習って欲しいです。

    パープルフリンジは原因がわかりづらいので、対処も大変ですからねぇ。
    後処理では完璧というわけにもいきませんし。