• 208月

    iPhoneをNikonのデジタル一眼レフのリモコンやGPSユニット代わりに使えるという「ZGR-1」がゼスティーシステムズというところから発売されているようで。

    見たところはDockケーブルのようですが、Dockコネクタの反対側がカメラ接続用端子になってるんですね。
    同じニコンでも何種類かアクセサリー用の端子は異なっていますが、それもちゃんと考慮されていて、10ピン端子の「ZGR-1a」とアクセサリーターミナルソケットの「ZGR-1b」があるとのこと。
    それぞれの対応機種は、「ZGR-1a」がD4、D3S、D3X、D3、D800、D800E、D700、D300、D300S、D2X、D2XS、D2HS、D200とやや古め&高級機向け、ZGR-1bがD7000、D5100、D5000、D90、D3200、D3100と新しい機種向けといった感じです。

    ただ、機能としては後者のほうが高機能で、GPS機能はこっちしか対応していません。
    うちのD300でGPSが扱えたら、ちょっと欲しかったんですけど、機種側の対応の問題だから仕方ないかな。

    GPS機能は1a、1bとも利用可能ですが、1aが使える古い機種の一部(Nikon F6、F5、F100、F90X、F90、FinePix S5 Pro、S3 Pro)にはGPS非対応のものもあるようです。
    うちのD300も1aを使うことで対応可能のようです。

    iPhoneアプリ側でシャッターを切った時点の位置情報を覚えておいて、あとでGPS情報を付加するようなGPSロガー機能があれば、さらに良かったかも。

    なお、iPhone側には専用アプリが用意されていて、アプリ自体は無料です。
    シャッターレリーズやインターバル撮影、そして対応機種についてはGPSデータ付与などが可能です。

    逆にiPhoneのカメラをリモコン操作するものとしては「iRemote Shutter」などがあるようです。
    iPhoneには赤外線機能がないんですけど、これはBluetoothを使うみたいですね。
    カメラ側も今後はBluetoothとか無線LANなどに対応してケーブル不要で扱えるようになると、もっと便利になりそう。
    SDカードの規格上無理そうではありますが、Eye-Fiみたいにカード側からリモートでシャッターが切れたりしたら面白そうですね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/08/20 7:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    テキサスのCC2540のキットでレリーズリモコン作れるけど
    輸入のみと技適マークがないのがネックです
    http://www.tij.co.jp/tool/jp/cc2540dk-mini?DCMP=ble_stack_jp&HQS=ble-pr-lp1-jp

  • straysheep Says:

    D300はGPS機能OKみたいですよ。と言うか、GPS機能未対応なのはNikon製品では銀塩のモデルで、デジだと「FINEPIX S5 Pro」と「S3 Pro」みたいですね。D700も対応してるからいずれ買うと思います。
    Nikon純正のGPSユニットはホットシューに付けられて便利ですけど、ケーブルが1mあるからベルトポーチやアームバンドにiPhone入れとけば特に困らなそう。まぁ、GPS使うシーンがどれだけ有るかって言えばそんなに無い訳ですが、自宅以外の撮影スポットのマップ作る時とか便利そうですね。

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    ちょっと調べてみましたが、あまり情報がなくて、私には到底無理そうです。
    そこまでするとなると、パソコンを持ち込んでテザー撮影したほうが良いかもですね。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    紹介記事をもとに書きましたが、メーカーサイトを見るとご指摘のとおりのようですね。
    早速、修正しておきました。
    純正のGP-1だとレリーズと共用できないので、iPhoneさえあれば、こっちのほうが高機能に使えるというわけですね。
    古い型落ちのiPhoneを使うのも良いかもしれません。