• 078月

    カメラ店に寄ったら、リコーの高級コンデジ「GR DIGITAL III」が
    ガラス棚の中に陳列されていました。


    RICOH リコーGR DIGITAL III 【8月5日発売予定】

    残念ながら、そこのお店は「高級」な機種はガラス棚に入っていて、気軽に
    試すことができないので、今回は眺めるだけでした。(^^;

    隣にちょうどGR DIGITAL IIがあったのですが、思っていた以上に大きさの差を
    感じました。

    特に、レンズ周りがかなり飛び出していて、太くなっています。
    私が愛用しているCaplio GX8っぽいと言ったら、言い過ぎかな?

    正直、コンパクトは今が過渡期的な部分があると感じています。
    裏面照射もそうですし、素子の大型化も期待されているといえるでしょう。
    そんな中で、RICOHのできる部分=レンズにこだわったコンパクトといえる
    今回の「III」なのだと感じます。

    そこに共感できるかどうかが「III」を中途半端と感じるか、それとも、道具としての
    完成度に魅力を感じるかの差が出るポイントのような気がします。

    私としてはリコーに万能を求められないことをGX8で知っていますし、
    逆に代え難い魅力の存在も理解しているつもりです。

    ですから、正統なモデルチェンジだとは思うのですが、ほかを差し置いても
    欲しい!というところにまではいたらないんですよねぇ。

    そういう意味においては、E-P1やSIGMA DP2のほうに尖った魅力を
    感じてしまうのですが、それはちょっとカメラマニア的な偏った視点なのかも
    しれません。

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/08/07 4:48 pm | GR DIGITAL III、見てきました はコメントを受け付けていません

Comments are closed.