• 228月

    RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio」のニューバージョン
    3.0のベータ版が配布されていたので、早速、試してみました。
    http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/beta/index_beta.html

    画面もグレーっぽい風合いになっていて、プロっぽい雰囲気になりました。
    画像に集中できるインターフェースになってますね。

    では、いつも私が使ってるPhotoshopとの現像比較をしてみましょう。
    まずはPhotoshopでの現像結果から。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 49 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/320 秒 / F 6.3
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    そして、SILKYPIX 3.0の結果は、こんな感じ。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 74 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/320 秒 / F 6.3
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    「ファインカラーコントローラ」を使って、強調した部分の色領域のみ、彩度を
    上げられるのが便利です。

    さらに今回からはRAW画像だけでなく、JPEGやTIFF画像を「現像」できちゃう
    「SILKYPIX RAW Bridge」という機能も付きました。
    デジカメ画像はもちろん、銀塩のネガなどをスキャンしたものを編集するのに
    重宝しそうです。

    ということで、SIGMAのSA-9で撮った写真を「現像」したのが、下の写真です。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 55 kB )
    Exif 情報
    モデル名
    全 Exif 情報表示…


    ちなみに、元の画像はこんな感じ。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 42 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    この画像の場合はカラーバランスが、それほど崩れてないので、あまり
    大きく変化した印象はないと思いますが、光源が特殊で、カラーバランスが
    うまく再現できない場合など、とても重宝しそうです。

    ベータ版ですが、30日間は全ての機能を試用できますから、RAW現像や
    銀塩のスキャンをされている方は、ぜひ試してみるとよろしいかと。

    Filed under: Photo
    2006/08/22 5:03 pm | SILKYPIX 3.0 Beta はコメントを受け付けていません

Comments are closed.