• 229月

    先日発表されたFinePix X100ですが、展示機のレポートを見ていると、最初に想像していたより小さそうな印象です。
    銀塩のMF時代のコンパクトあたりに近い感じかなぁと、先日も書いたんですが、やっぱりそれではわかりづらいので、発表になっている寸法から推測して、他のカメラと比較してみることにしました。

    発表になってる大きさは127 x 75 x 54mmです。
    これに一番近そうな印象だったのはPanasonicのGF1かな?ということで、それを比較対象にしてみます。
    ちなみにGF1のサイズは119 × 71 × 36.3mm(突起部除く)です。

    それぞれの製品写真からサイズを割り出して縮尺を合わせると、こんな感じです。

    GF1のほうは突起部を含まないということで、上面のダイヤルなども寸法には入ってない感じみたいで、こんな感じになりました。
    GF1の実機を計測したわけでもないですし、X100のほうも変更される可能性などありますので、あくまでも推測で大体の寸法を見てもらえれば、ということで。

    重ねてみると、こんな感じになります。

    高さはわりと似たような感じですね。
    あと、奥行きも追加してみました。

    レンズの大きさもパンケーキの25mmにわりと似ています。
    鏡胴は25mmのほうが大きいけど、レンズの前玉自体はX100のほうが大きいですけどね。

    ご要望があれば、NEXとの比較や厚さの比較などもしてみたいところですが、なんとなくこれで大きさが実感できたなぁという感じです。
    これがヒットして、さらに上位のTX-1のようなレンズ交換式タイプなども出てきたら良いなぁ。

    ちなみに蛇足ですけど、ファインダーにOVFモードとEVFモードがあるのは、光学ファインダーのパララックスのためというのもあるのではないかと。
    LCDでオーバーレイされるファインダー枠は距離によってパララックス補正されるんだと思われますが、それでも1mを切った近接では厳しいでしょうからねぇ。
    もしかすると、マクロモードになったら自動的にEVF表示になったりするかも。
    まぁ、そもそもレンジファインダーやビューファインダー機自体、マクロ向きではないわけで、割りきっても良かった気もしますけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/09/22 3:00 pm | 5 Comments

5 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    LUMIX DMC-GH2、FinePix X100 と、中々、魅力的なコンデジが出てきますね。ううん、5万円台でしたら、買いたいですが、おそらく、その倍位はするでしょうから、今、メインに使っている「PENTAX K200D」、「PowerShot SX10IS」、「Optio E90」もので我慢しなければ。

    それにしても、「FinePix X100」の形、レンジファインダー風に見えるせいか、ライカのカメラと似ている感じがします。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    FinePix X100は10万円台前半らしいです。
    APSサイズ機ではシグマのDPシリーズが安いですが、まだまだ種類も少ないので、価格競争が少ないのでしょうね。

    デザインは個人的にCONTAX Gシリーズを思い出しています。
    大きさは上の比較通り、わりと小さいのですけどね。

  • SKY ONE Says:

    前玉交換とかのギミック付けば面白いのに

  • cardamom Says:

    こんばんは。

    SKY ONEさんのアイデア面白いですね。
    レチナの交換レンズみたい。
    28,50,90mmくらいのレンズが交換出来ると面白いですね。

    それだと欲しいかも・・・(^▽^;)

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、cardamomさん、コメントありがとうございます。

    前玉交換というのもレンズ設計が難しそうですね。
    レンズシャッター機のような形状でも良いかも。
    かつてのオリンパスエースとかみたいな感じでしょうが、AFや絞り制御が難しいかな。
    あと、ファインダー連動も必要ですよね。