• 163月

    Panasonicの薄型コンパクト「DMC-FP1」が電気店の店頭に並んでいたので、
    ちらっと触ってきました。

    B00361F6K4 Panasonic デジタルカメラ ルミックス ピンク DMC-FP1-P
    パナソニック 2010-02-19

    by G-Tools

    最近の沈胴レンズのカメラはだいぶ薄くなってきたので、屈曲系のサイズの
    メリットが以前ほど強くなりましたが、それでもこの機種は屈曲系の
    面目躍如という感じで、薄さに再挑戦した感じです。

    これで4倍ズームというのはすごいなぁと感じる薄さです。
    もちろん、レンズも飛び出しませんからね。

    ただ、ラインナップ上の位置づけの問題もあるのでしょうが、ちょっと
    デザインに安っぽさが感じられるのが残念です。
    特に背面の液晶の大きさを少しケチッたのか、液晶の縁が不自然な感じに
    厚くなっていて、少々やぼったいかも。

    また、パナソニックでは液晶の上に厚めの透明なプラスティックが配置
    されていて、強度を確保している機種が多いのですが、このモデルは
    ほかのメーカーのように液晶パネルが直に表面に出ている感じです。
    薄型モデルですから、ついケースに入れずにバッグなどに入れたくなりますが、
    液晶割れの危険性が高そうなのはちょっとマイナスポイントかな。

    また、こちらもPanasonicの伝統という印象のアナログ感覚のスイッチも
    ありません。
    すべてがプッシュボタンになっています。
    他メーカーではそれが当たり前ですから、大きなデメリットはないのかも
    しれませんが、あれもアナログ世代には、なんとなく安心感があったので、
    ちょっとさびしいかも。

    ただ、お値段はその分、しっかり安くなっていますし、安いとはいっても
    画素数やHD動画など、スペックは十分すぎるほど。
    店頭では写りまでは確認できませんでしたが、コストパフォーマンスは
    なかなか良いモデルだと感じました。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/03/16 9:09 pm | DMC-FP1、触ってきました はコメントを受け付けていません

Comments are closed.