• 068月

    今日もハードオフのジャンクコーナーで、またまたカメラを捕獲してきました。
    今回はPENTAXの一眼レフ「P30」です。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 59 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/20 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    店員さん曰く、「ファインダーのカビがひどい」ということでしたが、別に写りに
    関係あるわけでもないし、シャッターは切れるとのことなので、買ってきました。

    とはいえ、カビが生えたまま、というのは気分も悪いですから、軍艦部を外して
    清掃したら、ばっちりカビは取れてしまいました。

    レンズのほうは35-70mmのAレンズが付いていて、これは*ist DSでも使えて
    便利ですね。カビやホコリもほとんどありません。

    というわけで「完璧かなぁ!?」と思いきや、落とし穴がありました。
    プログラムモードだと、絞りが常に最小絞りまで絞り込まれてしまいます。

    シャッター速度の算出は、暗いシーンでは開放絞りでちゃんと計算されている
    ようなので、絞り込みのロック機構の部分が作動してないんでしょうね。

    他機種で該当部分を示してくれているWebサイトを見つけましたが、
    さすがにバラす部分が多すぎますし、どうせ主に使うのはマニュアルレンズなので、
    マニュアル専用機として活躍してもらおうと思います。

    α-7000も同様の症状でしたから、この時期あたりの機種には多い症状
    なのかもしれませんね。
    結構、見落としがちなので、同時期の機種を購入される方は、レンズを
    付けて、絞りの具合もちゃんとチェックされるのをオススメしますです。

    まぁ、私が買ったのはジャンクで、レンズ代程度なので、問題なしですけどね。(^^;

    Filed under: OurCamera
    2006/08/06 8:27 pm | PENTAX P30 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.