• 145月

    Nikon 1シリーズ用の中望遠単焦点レンズ「1 NIKKOR 32mm f/1.2」が発売になるようで。

    私もオールドレンスとしてはF1.2のレンズを何本か所有していますが、新製品のレンズとして登場するのは久しぶりではないかな。
    とりわけニッコールとなると、かつての銘レンズ、ノクトニッコールを思い起こさせます。
    Nikon 1用ですからイメージサークルが小さいということもあって実現できた部分もあるのでしょうね。

    実際の画角は以前のハイスピードレンズとは違って標準域ではなく、35mm換算で言うところの86mm相当になる中望遠レンズです。
    F値のほうも換算が必要という考え方もありますから、単純に計算すると86mm F3.2くらいでしょうか。
    実際には小さい素子は小さい素子なりに錯乱円も小さくなるでしょうから、一般的な85mmクラスのレンズと同等と考えて良いでしょう。

    Nikon 1も一応、マウントアダプタが使えるわけでそう考えるとこの辺りの画角よりももっと広角寄りを充実させてほしい気もしますが、28mmや35mmを割り当てるとしてもここまで明るいものは少ないですし、あっても高いですから、やっぱり存在価値は大きそうです。
    このレンズも安くはなくて、実売で8万円前後みたいですけどね。

    Nikon 1シリーズも使ってみたいなぁと思って中古を眺めたことは何度かありますが、結局手を出さないでいるんですよねぇ。
    ちょっと大きめのコンデジとして考えると結構良い選択肢なんですが、最近はどちらかと言うとGXRのほうに興味が向いている感じです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/05/14 7:30 pm | 1 NIKKOR 32mm f/1.2 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.