• 258月

    他にも尖った機種が同時に出たニコンから、とってもコンパクトな「COOLPIX S01」という機種も発表されています。

    COOLPIXシリーズでは最小最軽量だそうで、重さはたったの96gだとか。
    大きさも名刺より小さい面積で、これだけ小さいとバッグの中にも入れておきやすいですね。
    タッチパネルに任せることで、背面の液晶も2.5型と、このサイズのわりには大きめになってるのも良さげです。

    ただ、本体サイズに合わせたわけでもないのでしょうが、撮像素子も1/2.9型と少し小さくなって、CCDが採用されています。
    小さくても画質はやっぱりケータイとは違うなぁ、という部分も大事なわけで、そこは大丈夫かなぁ。
    レンズは35mm判換算で29-87mm相当の3倍ズームと欲張っていないのは良いですし、このサイズにレンズを収めるためにも素子を小さめにした部分もあるのかも。

    あと、こちらもコンパクト化のためかもしれませんが、メモリカードは使えず、保存は内蔵メモリのみとのこと。
    約7.3GBあるそうなので、容量は十分でしょうが、microSDHCとかでも良かったのでは?
    そうすればケータイとデータを行き来させることができる、という方もいらっしゃるでしょうし。
    こういう機種こそ、Bluetoothや無線LAN機能があると面白いんですけどねぇ。

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/08/25 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    ニコンで先日出たカメラは、アンドロイドが搭載されていますね。そんな塩梅のカメラでもいいと思いますけど、
    ますます携帯もカメラもどちらかの垣根はなくなっていくようです。カメラはカメラとしての面白さを追求して欲しい気もします。メーカーは携帯にとって変われないように、戦々恐々
    なのでしょうね。

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    OS搭載についてはまだ過渡期という感じかもしれません。
    多機能という一面もありますが、開発効率化にも一役買うはずですし、面白い方向に活かしてくれるようになると良いですね。