• 258月

    カメラの新製品が続々と登場してますが、その中からニコンのフラグシップコンパクト「COOLPIX P7100」を取り上げてみます。

    この機種、「COOLPIX P7000」の後継ですね。
    変更点は前面のサブコマンドダイヤルとチルト式液晶モニターが大きなところみたいです。
    サブコマンドダイヤルはなんとなくCONTAX G2を彷彿とさせます。
    あれはマニュアルフォーカスダイヤルだったのですが、こっちはMFや絞りあたりを割り当てられるのかな?

    P7000もP7100も今時珍しい光学ファインダーがしっかりありますが、やはり液晶で撮る方のほうが多いのが現状でしょう。
    それを受けてのチルト液晶だと思われ、これは素直に良い改良だろうと思います。
    ただし、厚みや重量はほんのわずかに増えてるので、そこはバーターですね。

    あと、P7000といえば、ローパスフィルタレス(あるいはごく弱い)という噂があって、たしかにAPS-Cクラスの機種を彷彿とさせる解像度みたいなんですよね。
    そこはP7100でもきっと引き継がれてるんでしょう。
    ただ反面、動作が遅いという評判もあるので、そこはできれば改善されていると良いですね。

    スタートの価格は6万円前後らしいですが、P7000は2万円台とだいぶ安くなってるので、少し値下がりしたら、高級コンデジの中でも良い選択肢になってくれるのではないでしょうか。
    あと、先日も紹介したファインダーとケースがセットになった「アンティークキット」はケースはもしかしたら入らない可能性があるものの、ファインダー単体よりも安いという代物ですから、先にゲットしておいても良いかもです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/08/25 9:00 am | COOLPIX P7100 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.