• 119月

    フルサイズの撮像素子で、ライカのレンジファインダー「Leica M9」が
    登場することになりました。


    [3年保険付特価] Leica M9 レンジファインダー型デジカメボディー『2009年9月末発売予定』【35m…

    短いフランジバックでの実現ということで、M8の時のように多少の問題が
    生じる可能性もありますが、他社に先んじて、先端技術を投入してきたのは
    ライカもスピーディになったなぁと感じます。

    それにしても、今から振り返ると、M8の時代は短かったですねぇ。
    フィルムの時代では考えられない感じで、誤解を恐れずにいうと、
    ある意味、「プロトタイプ」だったともいえるかも。
    お値段もかなり下がってきていますし…。


    【送料無料!】《中古良上品》Leica M8+ズマリット M35mmF2.5付 セット

    気になるのは、これがライカブランドでなければ、どのくらいのお値段に
    なるのだろう?という点です。
    ミラーレスはマイクロフォーサーズで、非常に大きな需要があることが
    わかってきていますし、今後、各社が参入してくる可能性は高そうです。

    問題になるとすれば、やはりレンズマウントですね。
    一部マニアは別にして、一般的なニーズではオートフォーカスは必須でしょう。

    フランジバックが短いAFマウントというと、CONTAX Gだなぁ。
    全く同じである必要はないですが、この機会にCONTAXが復活したら、
    ライカ対コンタックスの構図が再燃するのになぁとも思いました。


    《中古並品》CONTAX G1(21・35mm対応)

    Filed under: DigitalPhoto
    2009/09/11 8:45 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    そうか、当たり前ですが、M9、オートフォーカスではなかったのですね。今では、オートフォーカスは当たり前になっていますので、もしかして、M10あたりから「M改マウント」になって、オートフォーカスになったりして(Kマウントみたく、オートフォーカスにしても、初期のマニュアルフォーカスのものでも使えるようにできるような気がしますが)。

    製造原価は、薬みたく「薬九層倍」とまではいかないでしょうが、ライカブランドでなく、例えば、コシナブランドでしたら、販売価格は1/3程度になるのではないでしょうか。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ライカもS2やX1ではAFにチャレンジしていますね。
    Mマウントは保守的なファンが多いので、すぐには難しいのかも。

    フルサイズということもありますから、他社ブランドでも
    30万円は切れないかもしれませんね。

    問題はそこよりも製品寿命の短さなのかもしれません。
    M3やM2は一向に古さを感じないのですけどねぇ。