• 139月

    ニコンの高級コンパクト「COOLPIX P6000」が店頭に並んでいたので、
    早速、触ってきました。


    Nikon COOLPIX P6000 ブラック

    まず、気になったのはMFボタンです。
    フォーカスモードをMFにして、このボタンを押すと、画面中央が
    拡大鏡で拡大されて表示されて、ダイヤルを回してフォーカスが調整
    できます。

    実際に試してみると、操作性は非常に良好で、液晶画面でもしっかり
    ピントがわかりますし、通常画面に戻しても、画面に切れが感じられます。
    コンデジのAF精度には限界があるのだなぁと、あらためて感じました。
    それを承知していたからこそ、このモードを搭載したのかもしれません。

    また、マイメニューがD700に似ていて、非常に使いやすそうです。
    自分が良く使うものを集めておけるので、複雑化したメニューも
    すっきり扱えそうです。

    これに、ダイヤルのユーザーセッティングモードを組み合わせれば、
    簡単にモードを好みの状態に切り替えられますね。

    今回からRAWに対応したのは良いのですが、これは新しい形式に
    なっているので、Nikonのソフトは対応していません。
    他のRAW現像ソフトの対応も、ちょっと遅れそうなのが不安では
    あります。

    ただ、カメラ内で現像することもできるので、このあたりは考え方を
    変えて使うべきなのかもしれません。

    ワイコンとアダプタリングは、P5100までのものは使えないようです。
    また、テレコンバーターは未発表で、こちらもおそらく、これまでの
    ものは使えないかと。

    このあたりは、以前のアクセサリが拡張への配慮不足だった
    という気がしますねぇ。
    以前のように、HA-1が流用できると良いのですが、そこは未確認です。


    RICOH(リコー)フード&アダプターHA-1

    ほかにも、GPS内蔵や有線LAN接続対応など、面白い機能が満載です。
    P5100もかなり完成度は高く感じていますが、さすがにお値段が
    ずいぶんアップしただけのことはあります。

    P5100でワイコンなどに投資してしまった方には、ちょっと厳しい
    ところもありますが、他機種からのグレードアップや、HA-1がうまく
    使えるなら、P5100ユーザーの方にもオススメできるかも。

    HA-1の件については、今度、お店に持って行って、確認してみたいと
    思います。
    確認できたら、またご報告します。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/09/13 10:13 pm | COOLPIX P6000、触ってきました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.