• 206月

    先日のα-M42マウントアダプタにL-M42のアダプタを仲介としてLマウントレンズを装着してみました。

    以前、Nikonにも同様の手順で装着してみたことがありますが、それよりはフランジバックが少し短いかなぁと。
    ただ、そもそもミラーのあるαでは無理がありますから、被写体まで10cmもないくらいの超近接専用になってしまいます。

    ちょうど親戚から山形のさくらんぼが送られてきたので、それを被写体にズミターで撮ってみました。

    トーンの柔らかさなど、ちゃんと当時のライツレンズの味が出ていますね。
    絞りはF4くらいの感じで撮っています。
    沈胴させるともうちょっと距離を取ることが可能ですが、ミラーと衝突する可能性も大いにあるわけで、実用性はちょっとない感じです。

    ついでに、CanonのLマウント、50mm F1.8IIでも。

    こちらはフィルムでも感じた通り、比較的現代的な描写かと。
    こういう楽しみ方を味わうと、やっぱりNEXやマイクロフォーサーズは楽しいだろうなぁと感じます。
    いつかは…とは思うのですが、反面、今はまだフィルムで楽しむのが良いかなぁとも思っています。
    でも、安い出物があれば、あっさり手を出してしまうかもしれませんけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/06/20 12:10 am | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • cardamom Says:

    こんにちは。

    おもしろいですねえ。
    これは自分もやりたいのですが、近接撮影しか出来ないのが難点ですよねえ・・・。
    なので、最近NEXに食指が動いています。(^▽^;)

  • MacBS Says:

    cardamomさん、コメントありがとうございます。

    NEXのマウントアダプタも結構出てきそうな感じですね。
    NEXのほうはちゃっかりレンズなしレリーズが可能になってるようですし。

  • cardamom Says:

    これで手ぶれ補正が「内蔵」だったらもっといいんですが・・・。
    あの薄いボディでは無理ですね。(^▽^;)
    ネットでは動画がセンサー出力が30フレームというのが話題になってますね。(-。−;)

  • MacBS Says:

    cardamomさん、コメントありがとうございます。

    手ぶれ補正、α700も電子マウントアダプタじゃないと効かないんですよね。
    そのあたりはオリンパスのマイクロフォーサーズが良いかも。

    NEXは価格的に見てもコンデジの延長線なのでしょうね。
    今はちょっと期待がかかりすぎているのかもしれません。