• 236月

    タムロンのアダプトールはいろんなマウントに多彩に対応できるのが特徴なんですが、MF時代のフォーマットということで、公式にはαマウント対応のアダプタは出ていなかったかと。
    しかし、M42(正確にはFUJICA用)のものがあったので、これを経由してα700に装着してみました。

    FUJICAは開放測光対応なので、マウント面に絞り連動の小さい爪が出てるんですが、これがあると普通のM42マウントではしっかりねじ込めず、無限遠が出なくなってしまいます。
    そこで、アダプトールを分解し、この爪の部品を撤去しちゃいました。
    もちろん、必要になれば元に戻すこともできますけどね。

    というわけで、手持ちの28mm F2.8を装着して、ちょっとだけ撮ってみましたが、Nikon D300の時と同様、今でもなかなかシャープな描写を見せてくれます。
    今でもアダプトールのようなユニバーサルマウントがあると良いんですけどねぇ。
    カメラメーカーに期待するのは難しいでしょうが、タムロンさんが現代に復活させることはないかなぁ。

    以前もアダプトールは収集したいなぁと思っていましたが、これでさらに欲しくなってきました。
    なかなか単焦点ものは出物がありませんが、地道に探してみようかな。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/06/23 8:24 pm | αにアダプトールレンズ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.