• 1712月

    RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio」の上位バージョン、Proが
    βが取れて公開されていたので、試してみました。

    このバージョンでは待望のバッチ処理ができますし、マルチコアCPUへの
    最適化がされています。

    ほかにも、自動覆い焼きやゴミ取り機能もあって、これならLightroom
    並みの効率で現像作業ができそうです。

    SILKYPIXといえば、画質が良い印象がありますし、そのあたりが
    どうなっているのか、まずは実際のRAWデータで実験してみました。

    まずはNikon D300のJPEG撮って出しの写真です。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 135 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D300
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/400 秒 / F 10.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 24.0 mm (36 mm)
    全 Exif 情報表示…


    やや露出アンダーで、暗部はつぶれ気味ですね。
    そのあたりをRAWでは補正したいと思います。

    そこで、まずはいつも使っているLightroom2から。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 98 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D300
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/400 秒 / F 10.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 24.0 mm (36 mm)
    全 Exif 情報表示…


    少しマゼンタっぽかったのを意識し過ぎて、取りすぎた感がありますが、
    そのあたりはあまり気にせずにご覧いただければ幸いかと。(^^;

    明るさの加減など、使い慣れてるので調整しやすいのは当然ですね。
    ファイルサイズがだいぶ小さくなっているのが、やや気になるところです。

    そして、本命のSILKYPIXです。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 110 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D300
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/400 秒 / F 10.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 24.0 mm (36 mm)
    全 Exif 情報表示…


    こちらは色味も元の雰囲気を保ってますね。
    あまり大きくいじるよりも、プリセットの範囲で選んでいくのが使いやすい
    気がします。

    パラメータを操作した時のプレビューの追従性が、以前のバージョンと
    同様、ちょっともたつくのが気になりますが、動作はLightroomより
    軽いと思います。

    ファイルサイズもLightroomよりは小さくなっていません。
    元サイズで見ると、細部までつぶれずに、うまくダイナミックレンジが
    引き出されていて、巧いなぁと感じる処理の仕方を感じます。

    現像のスピードもLightroomと大差ないようですし、これならそこそこの
    枚数なら、バッチで現像できるのは便利かも。

    ただ、100枚以上などになると、やっぱりLightroomのほうが、
    画像管理などの面で優位性があるかなぁとも感じます。
    そういう意味では、まだ通常バージョンのSILKYPIXで十分かなぁという
    気もしました。

    SILKYPIX Developer Studio 3.0 Windows版 SILKYPIX Developer Studio 3.0 Windows版

    by G-Tools

    とりあえず、ダウンロードしての試用ができますので、試してみると
    良いかと思います。

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/12/17 7:43 pm | SILKYPIX Developer Studio Pro はコメントを受け付けていません

Comments are closed.