• 018月

    先日ゲットしたAi Nikkor 35mm F1.4ですが、まずは軽くNikon D300で試してみました。

    週末2日持ち歩いたものの、暑さでD300を振り回す元気がなくて、ほとんど室内撮りという有様でした。
    それでも、レンズの状態はかなりクリアで、描写の良さくらいは確認できました。

    ニコンのレンズがキリッとシャープなものが多いですが、これは開放近くであればそれなりにふんわりした描写もしてくれて扱いやすそうです。
    これまたオールド・ニッコールで出やすい二線ボケも少ない気がします。

    カビはやはり外側だけだったようで、内部には全く見当たりません。
    ヘリコイドも重めのチューニングと思えば全然気にならない程度で、なぜジャンクにしちゃったんだろう?というのが正直な感想です。
    なんだかんだ言っても、もうMFレンズは人気がないんでしょうかねぇ。
    私にはAFな最新の35mm F1.4なんて到底手が届かないので、これは大事に愛用していこうと思います。
    できればフィルムでも撮ってみたいので、久しぶりにF4あたりにフィルムを詰めてみようかな。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/08/01 9:00 am | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    どもども。良さそうな感じですね。
    ヘリコイドの重さは今のデジカメ用レンズが軽すぎますからね〜。それと比べると
    重すぎるので手放した? 私はあのスルスル廻るヘリコイドには相変わらず
    違和感を感じます。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    グリスアップすれば調整も簡単なんですけどね。
    どうもあのお値段になった理由は思いつきません。
    ちなみにPC-Nikkorも格安なお値段で置いてありました。

  • shigechan Says:

    お早うございます。
    PC-Nikkorですか。これ又お買い得感があふれていますね。まあ今では遠近感の
    補正などは画像処理ソフトですぐに出来ますから、それで用は済んでしまうかも。
    大判ではティルトしてピント面を調整するようですが、35mm版ではどの程度の
    効果があるのでしょうか? 

    PC-Nikkorでティルトが可能かどうか全く記憶がありませんけど、ティルトで
    十分な効果があるならば、未だに存在価値があるでしょうね。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    たぶん、PC-NIKKOR 35mm F2.8だったかと。
    ですので、機能としてはシフトのみですね。
    デジタルだとシフトはわりと簡単なので、人気がないんでしょうか。